ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

冬が旬の「水菜」を活用しよう!

水菜はアブラナ科の越年草で、植物学上ではアブラナやカブの仲間です。水菜自体にはクセがないので、どんな食材や味付けにも合う、とても使いやすい野菜なんです。

水菜の旬は?

水菜は冬が旬の野菜。霜があたるとやわらかくなるのが特徴です。肥料を使わずに水と土だけで栽培されていたことから「水菜」と呼ばれるようになったそうですよ。

水菜はパスタの具材としても人気!

淡泊な水菜は、風味のよいベーコンとよく合い、パスタにもぴったりの食材です。熱することによって扱いやすくなり、生のままいただけばシャキシャキとした食感がアクセントにもなりますよ。

水菜×ベーコンのパスタレシピ5選

1. さっと作る。水菜とベーコンのシャキシャキパスタ

紫の茎をしためずらしい水菜で作る簡単レシピ。さっぱりした味わいの水菜と、ほどよい塩気のベーコンが相性抜群です。オリーブオイルとにんにくの風味が豊かに香りますよ。

2. ピリッと香る。水菜と筍の柚子胡椒パスタ

筍を使用する、和風のパスタ。水菜と筍の食感がクセになります。ピリッと辛い柚子胡椒がよいアクセントになりますよ。柚子胡椒は、お好みで量を調節してくださいね。

3. つるっと食べられる。水菜とトマトのパスタ

さっぱり系のパスタを食べたいときにおすすめです。たっぷり使用するにんにくの香りに食欲がそそられますよ。ベーコンの塩加減をみながらクレージーソルトを加えてもいいですね。仕上げに粉チーズをたっぷりと。

編集部のおすすめ