飲みながらはもってのほか?

先に書いた通り、お酒とお風呂を組み合わせることは体にとって危険がたくさんあります。
でも、温泉を紹介するテレビ番組や雑誌には、桶に入った日本酒がセットになって登場することもありますよね。これらは、あくまでも演出の一部です。ほとんどの温泉では入浴中にお酒を注文できるサービスはなく、温泉の注意書きにも飲酒後の入浴を避けるようにと書かれています。
また、湯船につかり血流がよくなっているところ、アルコール摂取による作用で血圧が下がると、血流と血圧のバランスが悪くなり、心臓に負担がかかってしまいます。
ごくまれに、施設によってはお酒が飲める温泉があるようですが、これも時間が決まっていたりひとりが注文できる量が決まっていたりするそうです。

二日酔いの時にも注意が必要

二日酔いの時はお風呂に入って汗をかき、アルコールを体の外に出してしまえばスッキリすると思っている方も多いと思います。でも実はこれも注意しなくてはいけません。
アルコールには利尿作用があるため、体内の水分を排出する働きがあります。お酒を飲むとお手洗いが近くなるのはその作用なのです。お酒をたくさん飲むと、飲んだ量以上の水分が尿となって体から排出されます。
そんな時に熱いお風呂やサウナなどに入って無理に汗を流そうとすると、脱水症状を引き起こしてしまいます。体の中の水分が足りなくなると体がアルコールをろ過する力が弱まるので余計にお酒が抜けにくくなり、最悪湯船での事故(水没・溺水)が発生する危険性も高まります。
二日酔いの時はまずたくさんの水分を取ることを心がけて、お風呂に入るならぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがおすすめです。特に、入浴中や入浴後にも水分をしっかり補給するようにしましょう。

入浴直後も危険?

お風呂上がりにはキンキンに冷えたビールが習慣!という人も多いるかもしれませんが、こちらも注意が必要です。
お風呂で血行がよくなったところに、さらにアルコールを摂取すると飲酒後にお風呂に入ったり、お風呂の中でお酒を飲むのと全く同じ状態になってしまいます。

いつ飲めばいい?

お風呂上がりの1杯は30分間ガマンして

お風呂に入った後は、どうしてもお酒が飲みたい!そんな人は、
お風呂に入ったあとは最低でも30分は体をゆっくり休めることで血行が落ち着きます。それからであればアルコールを飲むのも問題ありません。

飲酒後のお風呂は2時間以上あけて

お酒を飲んだ後にお風呂に入りたいと思った場合は、最低2時間は時間をあけて体からアルコールを抜いてください。
飲み会のあとは自宅で熱いシャワーをサッと浴びてすぐに寝て、翌朝ゆっくり入るのがおすすめです。その時はかならず水分補給をお忘れなく!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS