睡魔を吹き飛ばせ!眠気覚ましに効く食べ物&飲み物10選

運転中や仕事中、とてつもなく眠気が襲ってくることってありますよね。今回は、眠気覚ましに効果的な食べ物や飲み物をご紹介します。どうしても頑張らないといけないとき、集中したいときに、ぜひ参考にしてみてください。

つらい眠気、なんとかしたい!

仕事中や勉強中、ときには運転中などにおいて、強い眠気に襲われた経験を誰しも一度はしているかと思います。どんなに頑張っても、目が閉じてしまう……。運転中であれば、大きな事故を引き起こす原因ともなり、危険な行為です。

この眠気は、生活習慣を変えることだけではなく、「食」から変えていくこともできるのです。ここからは、「食」を通じて「眠気」を改善する方法をご紹介していきます。

日中、眠気に襲われる原因

「眠気」は、質のいい睡眠ができていなかったり、自律神経が乱れていると起こりやすくなります。

炭水化物の摂取

日中の眠気は、お昼に炭水化物を多く摂取することで起こります。炭水化物は糖類と食物繊維でできており、糖質がブドウ糖に変わることで体の血糖値が下がり、眠気に襲われるのです。

疲労の蓄積

忙しい日々が続いたり、良質な睡眠が取れていなかったりすると、体に疲れが溜まってしまいます。その結果、活動的な日中でも、眠気に襲われてしまうのです。

眠気覚ましに効果的な食べ物5選

眠気を覚ます方法として、「食」を通じての眠気覚ましの方法があります。その食材には、甘いものから酸味を感じるもの、そして辛いものまで広くあります。ここからは、眠気覚ましに適した食べ物をご紹介。

1. チョコレート

一見意外な感じがするかもしれませんが、実は眠気覚ましにおすすめな食べ物なのです。チョコレートには「テオブロミン」という成分が含まれているのですが、これにはカフェインのような覚醒作用が認められています。また、脳を刺激することにより、集中力や思考力を高める効果も期待できます。(※1)

2. 大豆

大豆には、「アルギニン」というアミノ酸の一種が含まれています。このアルギニン、実はカフェインの覚醒作用を高める作用が、実験により明らかになっています。(※2)例えばコーヒーにきな粉を加えるなどの工夫をすると、眠気対策になりそうですね。

3. アーモンド

食後に眠くなるのは、食事中に血糖値が急上昇してそのあと急激に低下し、一時的な低血糖状態になるため。血糖値が低くなると、わたしたちは眠気を覚えます。

そこでおすすめなのが、アーモンド。アーモンドを食事と一緒に摂取すると、血糖値の上昇が緩やかになることが分かっているんです。(※3)血糖値の急降下を抑えることができれば、眠気も緩和されるでしょう。

4. 唐辛子

眠気を覚ます食べ物として、辛い刺激物があります。その代表的なものと言えば「唐辛子」です。唐辛子にはカプサイシンという成分が含まれており、交感神経に作用することで集中力を高める作用が期待できます。(※4)

ただし、胃腸が弱い方などは、刺激物をとると腹痛などの原因になるので、摂取し過ぎないように注意しましょう。

5. わさび

特集

SPECIAL CONTENTS