胃のムカムカが続く……。その原因と対処法、教えます。

胃のあたりがムカムカして吐き気がする……。誰しも経験があると思いますが、今回はその原因と対処法をご紹介します。薬を飲むという選択肢もありますが、普段から食事に気を配ることが大切なんですよ。しっかり原因を見極めて対処してくださいね。

胃がムカムカする…これって病気?

胃がムカムカする時って食べ過ぎ、飲みすぎの時に起こることが多いですよね。このように原因が分かっている場合は、それが過ぎるのを待てば解決するのですが、原因が分からない胃のムカムカについては困るもの。

食事による理由ではなく、ストレスや緊張などによる心理的なものが原因で胃がムカムカする場合は、時間的な解決ではなかなか難しいですよね。根本的な解決が必要です。今回は、胃がムカムカする原因などを確認していきましょう。

胃がムカムカする原因

胃がムカムカする原因は、一時的な食事によるものであれば良いのですが、生活習慣が原因の場合もあります。これはいわゆる「ストレス」によるものです。胃は体の中でもストレスによるダメージを受ける器官となります。

ストレスって言葉は昔には無かったのですが、最近はよく聞くフレーズになりましたね。体にダメージを受けている場合に、ストレスがキーワードとして出てくることが多く、現代病の一つとされています。

ストレス以外の問題も

一方で、生活習慣ではなく、病気による原因で胃がムカムカする事があります。病気の場合は、辛い症状ではあるのですが、治療にて改善することができます。

本当に辛いのは原因が分からずに、継続的に胃がムカムカする状態が続き、いつになったら自分はすっきりとした日常を送れるのかと気にすること。それくらい、胃のダメージは人の日常に影響を及ぼすのです。

生活習慣による原因

ではまず、生活習慣による原因で胃がムカムカする理由について見ていきたいと思います。一番は「食べすぎ」「飲みすぎ」が原因で起こることです。しかしこの症状は、胃に優しい食べ物や飲み物を摂り、胃を休めることで治まっていきます。

次に、先ほどから紹介している「ストレス」が理由によるものです。また「喫煙」が多いことによって、胃の中が荒れてムカムカしてしまうこともあります。体の不調を訴えている胃であるため、「睡眠不足」によって引き起こすこともあります。

ムカムカの理由

一番の原因でもあった「食べすぎ」「飲みすぎ」を、少し見ていきたいと思います。これは、油物や甘いものばかりを食べる偏食によって起こることがあります。やはり消化に優しくない食事を取り続けることで、胃はダメージを受けてしまうのです。

また、胃の働きが間に合わないくらいの暴飲暴食をしてしまうと、同じくダメージを受けてしまいます。胃は普段の食事量でサイクルが成り立っているので、それを崩されて大量の食べ物が入ってくると対応できなくなりパンクしてしまうのです。

病気による原因

では次に、病気による原因で胃がムカムカになることです。胃潰瘍(消化性潰瘍)などの、胃に関連する病気によることが、ほとんどです。

状態の発見が早ければ早いほど、治療法の的確さは出てくるので、生活習慣以外が理由で起きていると感じた場合は、早めに医療機関の受診をおすすめします。

初期症状が気づきにくい

病気による初期症状が、時として少しづつ胃がムカムカする程度のことがあります。そのため気づきにくく、十分注意が必要です。

妊娠による原因

胃のむかつきの症状として、生活習慣と病気以外にも「妊娠」によって起こる場合があります。妊娠・出産を経験している女性なら、経験している人も多いかもしれませんね。妊娠の初期症状として胃のむかつきがきて、妊娠と気付くこともあります。

胃のむかつきは、つわり

妊娠での胃のむかつきは「つわり」によるものです。生活習慣による胃のむかつきとは違うため、時間が解決するものでもありません。薬で対処すると同時に、深呼吸をしてリフレッシュしてあげることも大事です。

胃のムカムカ対処方

ではそんな胃のムカムカが起きてしまった場合や、起きないようにするための対処法を紹介していきたいと思います。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう