電子レンジで作る場合

電子レンジで作る場合、キッチンペーパーの上にベーコンを重ならないように2枚並べます。その上にキッチンペーパーをかぶせて50秒〜1分加熱します。裏返してさらに1分加熱したらできあがり。たったの2分でできるのですから、簡単ですよね。

オーブンで作る場合

オーブンであれば、約190度で20〜30分ほど焼き上げることでカリカリベーコンが完成。低温でじっくり焼くことで、ベーコンが縮むのを防ぐことができるのだそうです。

トースターで作る場合

トースターで作る場合、天板にクッキングペーパーを敷き、その上にベーコンを並べます。ベーコンから油が出ますので、油を引く必要はありません。 160度くらいで5分ほど焼いてひっくり返し、さらに3分焼きましょう。 焼いた後、クッキングペーパーなどでベーコンをはさみ、余分な脂を取ればおいしいカリカリベーコンのできあがりです。

カリカリ向きのベーコンがあるって?

脂身が多いベーコンを選ぶと、カリカリしやすいといわれています。 ストリーキーベーコンとよばれる、脂身の多いベーコンがアメリカなどではよく使われていて、カリカリになりやすいそうです。しかし、日本でよく売られているベーコンは、バックベーコンとよばれていて、脂身が少なくハムのようなものが多いのだとか。 ストリーキーベーコンは、コストコや成城石井などで手に入れることができますよ。簡単にカリカリベーコンに近づけるので、ぜひ試してみてくださいね。

アレンジレシピ

キャベツとカリカリベーコンのサラダ

千切りキャベツに手作りドレッシングをかけて、カリカリベーコンをトッピングしたサラダです。弱火でじっくりと焼いたベーコンは、フライパンに残った旨味たっぷりの油ごとキャベツにかけるのがポイント。ベーコンの塩気がたまらないおいしさです。

カリカリベーコンの冷製パスタ

ボウルに醤油、ごま油、砂糖、酢、レモン汁、からし、ブラックペッパーを混ぜてタレを作り、冷蔵庫で冷やします。パスタを茹で、カリカリベーコンを作ります。カニ風味のかまぼこは細切りに。茹であがったパスタを冷水で冷やし、オリーブオイルを混ぜます。カリカリベーコン、かまぼこをタレに絡めてパスタにかけたらできあがり。

編集部のおすすめ