鮭とばの食べ方:基本編

細かく切ってそのまま食べる

鮭とばを初めて購入された方はどのように食べようか迷ってしまうと思います。基本的な食べ方としてはスルメのように細かくほどいてそのまま食べましょう。美味しい鮭とばは硬いものが多いです。硬くなっていることで、干しているときにも旨み成分が逃げずにできているため、味が濃くなっています。これこそが噛めば噛むほど味が出る理由なのです。

炙ってやわらかくする

もう1つの方法としては、炙って食べることです。炙ることで、さらに旨み成分が出てきますから、炙ることで鮭としての風味が蘇ってきて、おいしさが増します。炙ることで硬かった鮭とばが、少し柔らかくなるので、歯が弱い方も食べやすくなります。

鮭とばをもっとおいしく!アイデアレシピ

鮭とばごはん

鮭とばの深い味わいを感じるにはやっぱりご飯と一緒がおすすめです。鮭の歯ごたえもあっておいしいですよ。鮭とばは皮を外して細かく切っておきます。お鍋にお米とだし汁、他の調味料を入れて炊きましょう。ご飯が炊けたら鮭とばとネギをいれて完成です。

新タマネギと鮭とばのマリネ

塩気と野菜のさっぱり感の相性がよいマリネもおすすめです。セロリは斜めに薄くカット。玉ねぎは半分に切って薄切りにしておきます。鮭とばも食べやすい大きさに削ぎ切りにしてください。ボウルに調味料を合わせ、すべての材料を調味料と一緒に混ぜ合わせて冷蔵庫でしばらく寝かせ味をなじませたら完成です。

鮭とばのスタミナ炒飯

鮭とばのチャーハンはお米の水分を鮭とばが吸ってくれて、ご飯がパラパラになるとともに、鮭とばも柔らかくなって食べやすいメニューです。材料を全て細かく切り、フライパンで卵を炒めたらご飯をいれましょう。全ての材料と一緒に炒めておいしそうな焦げ目がついたら完成です。

鮭とばトースト

パンとの組み合わせもおいしい鮭とばレシピ。チーズとの組み合わせも抜群です。鮭とばは食べやすい大きさに切り、ほうれん草は茹でておきます。食パンの上に材料をのせて、チーズをかけたらトースターで焼いて完成です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ