物産展でも大人気!北海道の郷土料理「ルイベ」ってどんな料理?

みなさん「ルイべ」という食べ物をご存知ですか?このルイべは北海道の郷土料理の名前で、主に凍らせて食べる鮭のお刺身のことを言います。今回はこの不思議な名前の郷土料理「ルイべ」についていろいろと調べてみました。

2019年9月27日 更新

ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

ルイベとは?

北海道の郷土料理ルイベ

ルイべは元来アイヌ料理の一種と言われています。北海道の北の地域に住むアイヌ族が冷凍保存した鮭を凍ったまま切り分け、溶けかけたところで塩をかけて食べたのがルーツのようです。 現在では主に鮭やマスをつかったルイべが主流となっています。 ルイべは極寒の自然の中で冷凍保存して食べたという、寒い北海道ならではの知恵からうまれた郷土料理です。

ルイベの名前の由来

ルイべの名前はその発祥、アイヌ族のアイヌ語「ルイペ」が語源のようです。 アイヌ語では、溶けることを示す「ル」と食料を表す「イペ」が合わさって、”溶ける食べ物”という言葉が誕生したんだとか。 凍らせた後、溶けるところを食べるのでその名前がついたのですね。

ルイベの味は?

ルイべは凍らせている魚を食べるため、はじめはシャリシャリとした独特の食感で、そのあと口の中の温度で溶けていき、とろけるような食感にかわります。 また、鮭のような脂の多い魚は、凍らせる時に水と一緒に余分な脂と臭みがおちて、鮭のよい風味だけが残り、より美味しく食べられるとも言われているんです。 ルイベは普通のお刺身では味わえない食感と味が楽しめます。

川魚の寄生虫は大丈夫?

一般的に川魚には寄生虫がいるので生食はしてはいけないということがよく聞かれます。ルイべで使用される鮭やますは川魚ですが、これは大丈夫なのでしょうか? 実は川魚にいる寄生虫の多くは冷凍すると死滅するため、ルイべも問題なく食べれるようです。 スーパーなどで見かけるサーモンの刺身なども一度凍らせているため食べられるようになります。アイヌ族の冷凍保存の知恵は理にかなったものだっということがわかりますね。

ルイベの作り方

ルイべの作り方はいたってシンプルです。 鮭やマスなどの魚を、あとから刺身にしやすいように3枚などの切り身にして凍らせます。そして食べるときにスライスして食べるだけです。 しかし、ここで注意したいのが凍らせる温度と時間になります。先ほどもあげた川魚の寄生虫が死滅するのには十分な冷凍が必要なのです。 十分な冷凍とは、「-20℃で24時間以上の冷凍」のことをいいます。 家庭用の冷凍庫でも-20℃まで設定できるものがあるので、きちんと調べた上でおうちでもぜひ試してみてください。

ルイベのおすすめの食べ方

新鮮なルイベはわさび醬油で

やはり新鮮なルイべはシンプルに食べるのがオススメです。 わさび醤油につけて、溶けきらないうちに食べてその食感を楽しんでください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS