ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

飲みすぎて食欲がない、そんな日もありますよね。でも、何も食べないとツライのが続くだけ。そんな時は、さらさらっと口に入るシンプルなお茶漬けはいかが?基本をおさえて丁寧に作る鮭茶漬けなら、美味しくて箸が進むこと間違いなし!

「シンプルで丁寧」が美味しさの秘訣!

飲みすぎた翌朝、気分が悪くて何も口にしたくない……そんな時ありますよね。

一刻も早くどうにかしたい二日酔い、気持ち悪いからといって何も食べないのは逆効果。余計に回復が遅くなってしまいます。

そんな時、疲れた胃にやさしく染み渡るお茶漬けはいかがですか?
サラサラと食べられて、しっかりごはんを作るよりも手軽なのも嬉しいところ。

お好みの薬味で味の変化を楽しんで、胃をいたわりましょう。

もちろん、二日酔い以外にも、お酒の〆や簡単に済ませたいお昼のメニューにもうってつけ!
久しぶりにしっかりと丁寧に作ると、その素朴な美味しさに夢中でかっこんじゃいますよ。

『基本の鮭茶漬け』の作り方

分量(2人分)

塩鮭 1切れ〜2切れ
ごはん 2膳分
薬味(わさび・海苔・胡麻・刻みネギ等) お好みで
お茶(煎茶・ほうじ茶等) 適量

※だし茶漬けにする場合は、お茶の変わりにお湯200ccと顆粒だし小さじ1/4、お好みで醤油を2滴ほど足してください。

作り方

①塩鮭はグリル等で両面しっかり焼く。
生鮭を使用する場合は、全体にまんべんなく塩を振りましょう。
お茶漬けは鮭の塩気が大事です。
②鮭を焼いたら、皮を剥がし身を食べやすいように3〜4かけにほぐす。
皮は加熱してから剥くと、とても簡単にするりと剥がれます。
③茶碗にごはんをよそい、軽く熱を冷ます。
お茶漬け用のごはんは、熱々よりも少し冷ましたほうが粘り気が取れて、サラサラと食べやすい食感になります。
④海苔はコンロで軽く炙り、香ばしさを出す。
両面をさっと炙るだけで、香ばしさが蘇ります。湿気ってしまっている時も、炙るとパリッと仕上がります。
⑤ごはんの上に鮭を乗せ、お好みの薬味を散らす。
⑥淹れたての熱いお茶を注ぐ。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

缶詰 さんま フレンチ おつまみ

今回は、洋風おつまみ「さんまのあん肝巻き」をご紹介します。秋が旬のさんまは、塩焼きや蒲焼きなどの和食に偏りがち。たまには洋風にアレンジしてみませんか?フォアグラの代わりにあん肝の缶詰を使って、食べてびっくりな…

ハンバーグ おつまみ

秋はお月見の季節!おだんごもいいですが、お酒によく合う「月見つくね」を食べながら月を眺めませんか?ハンバーグ級のサイズで、食べ応えバツグンです。満月みたいにまん丸な卵黄をからめて食べると、旨味が増します!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パン まとめ レシピ サンドイッチ 食パン

シュープリーズと言うお料理がこの頃人気をじわじわと集めているようです。シュープリーズとは英語で「surprise」ビックリするという意味です。パーティーなどにぴったりな一品。一体どんなお料理なんでしょうか?

レシピ まとめ

暑いと体力が落ちて、ついエネルギーも消耗しがち。そこで今回は暑い夏を乗り切るスタミナ料理のレシピをご紹介します。鶏肉やにんにくなどの食材を使った簡単レシピは、すぐに真似できますよ。夏風邪も防いで元気に過ごしま…

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る