連載

シンプルが一番。お腹にしみる『基本の鮭茶漬け』の作り方

飲みすぎて食欲がない、そんな日もありますよね。でも、何も食べないとツライのが続くだけ。そんな時は、さらさらっと口に入るシンプルなお茶漬けはいかが?基本をおさえて丁寧に作る鮭茶漬けなら、美味しくて箸が進むこと間違いなし!

「シンプルで丁寧」が美味しさの秘訣!

飲みすぎた翌朝、気分が悪くて何も口にしたくない……そんな時ありますよね。

一刻も早くどうにかしたい二日酔い、気持ち悪いからといって何も食べないのは逆効果。余計に回復が遅くなってしまいます。

そんな時、疲れた胃にやさしく染み渡るお茶漬けはいかがですか?
サラサラと食べられて、しっかりごはんを作るよりも手軽なのも嬉しいところ。

お好みの薬味で味の変化を楽しんで、胃をいたわりましょう。

もちろん、二日酔い以外にも、お酒の〆や簡単に済ませたいお昼のメニューにもうってつけ!
久しぶりにしっかりと丁寧に作ると、その素朴な美味しさに夢中でかっこんじゃいますよ。

『基本の鮭茶漬け』の作り方

分量(2人分)

塩鮭 1切れ〜2切れ
ごはん 2膳分
薬味(わさび・海苔・胡麻・刻みネギ等) お好みで
お茶(煎茶・ほうじ茶等) 適量

※だし茶漬けにする場合は、お茶の変わりにお湯200ccと顆粒だし小さじ1/4、お好みで醤油を2滴ほど足してください。

作り方

①塩鮭はグリル等で両面しっかり焼く。
生鮭を使用する場合は、全体にまんべんなく塩を振りましょう。
お茶漬けは鮭の塩気が大事です。
②鮭を焼いたら、皮を剥がし身を食べやすいように3〜4かけにほぐす。
皮は加熱してから剥くと、とても簡単にするりと剥がれます。
③茶碗にごはんをよそい、軽く熱を冷ます。
お茶漬け用のごはんは、熱々よりも少し冷ましたほうが粘り気が取れて、サラサラと食べやすい食感になります。
④海苔はコンロで軽く炙り、香ばしさを出す。
両面をさっと炙るだけで、香ばしさが蘇ります。湿気ってしまっている時も、炙るとパリッと仕上がります。
⑤ごはんの上に鮭を乗せ、お好みの薬味を散らす。
⑥淹れたての熱いお茶を注ぐ。

特集

SPECIAL CONTENTS