じつは万能食材!鮭とばの食べ方とおすすめレシピ

鮭とばってご存知ですか?北海道や東北地方の人には馴染み深い鮭を使ったおつまみです。食べ方はそのまま、あるいは炙って食べたりお酒好きの人は目がない一品。実は食事としても活用できる万能食材なんですよ。鮭とばの食べ方やレシピ、魅力を存分にご紹介!

鮭とばって知ってる?

「鮭とば」と聞いてそれを知っているという人は、北海道や東北地方出身の方でしょうか。鮭とばを知らない方でも、鮭という漢字がつくことから、私たちがスーパーなどで購入する、身近な鮭に関するものだということは何となく想像がつきますよね。
しかし、この鮭とば、一般的にいわれている「鮭」と「鮭とば」とは違いがあって、鮭とばはあまり一般的に食べられる食材ではないのです。今日はそんな鮭とばについて紹介していきたいと思います。

鮭とばとは

黒い皿に乗った鮭とば

Photo by Snapmart

鮭とばとは、一般的にスーパーなどで売っている秋鮭を半身に切って、皮付きのまま細切りした形のもの。半身に切った身を海水でしっかりと洗って、海の風に当てながら干してできた干物です。
そのため、塩気が強くなっているので、一度にあまり大量に食べることは控えなければいけません。また、干してできたものとして硬さがあるため、差し歯をしている方や歯に自信がない方は食べる際に注意をした方がいいでしょう。とくに皮の部分は特に硬くなっているんですよ。
今では、どんな人にも食べやすいように、皮がついていない一口サイズのものも販売されています。鮭とばは細かく切って食べるもよいですし、するめなどのように炙ってもおいしく食べることができます。
ビーフジャーキーのお魚バージョンと言うとイメージがつきやすいでしょうか?あのように硬い身の部分があるかわきものです。イメージはできましたか?噛めば噛むほど味が出て、おつまみみに最高です。

鮭とばの由来は

鮭とばの「とば」という漢字は「冬葉」からきています。北海道や東北地方の冬によく食べられてきた食材のため、その地方以外の方は、鮭とばと聞いてもピンとこないかもしれませんね。最近はコンビニでも販売などもしていますが、その存在について詳しく知っている人はすくないでしょう。
北海道や東北地方の方でなくても、一度購入して食べてみたらおいしかったのでずっと食べ続けているという方がいるかもしれません。それで名前を知っている可能性もあるでしょうか。北海道地方といえば、寒い地域であり、ロシアに近い地域。そんなロシア地方においても鮭とばに似た食べ物が食べられているそうですよ。

意外とヘルシー?鮭とばは低カロリー

北海道・東北地方ではご当地食材として食べられている鮭とばですが、その塩気から想像はできにくいのですが、意外とヘルシーとされています。食べた方は分かると思うのですが、ビーフジャーキーのように噛み続けることで、おいしさが増していきます。
噛みごたえがあるので、噛む回数も多くなり量が食べられないという点もヘルシーさに繋がっているのかもしれません。鮭は脂がのっているのですが、それを干すことによって、良質なたんぱく質は残しつつ、脂肪をそぎ落としているのです。
鮭とばは「高タンパク低カロリー」とされています。また鮭の成分でもあるコラーゲンが多く含まれています。低カロリーでコラーゲンも多く、腹もちがよい食材となっていることから、女性やダイエット中の人からも人気が高い食品です。
そんな万能食材である鮭とばは、コンビニのおつまみコーナーで北海道厳選食材として手軽に購入できるようになっています。最近ではその中でも、やわらかくして食べやすくしているソフトタイプの鮭とばも販売されています。

鮭とばは手作りできるか

鮭とばは鮭の干物で、自宅などで手作りすることも可能です。

ご家庭での一般的な作り方

1、鮭の中に入っている臓器などをまずは全て取り除き、塩水につけておきます
2、そのままの状態で1週間保存します
3、1週間保存したら、鮭を開いて3~4日間干しましょう
作り方を見る限りはそこまで手間はないのですが、完成するまでには数日かかります。コンビニなどで売っているものを買うよりも手間がかかりますが、手作りなので達成感とでき立てのおいしいものが食べられるので、味は確かだと思いますよ。
しかし、ご自宅で作る場合には海水の塩分につけることはできないので、自然の味を出すことは難しいかもしれません。最後の工程の干すときには、屋外に干しているとハトやカラスなどに食べられないようにカバーなどをかける必要があります。

鮭とばの食べ方:基本編

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう