ローディング中

Loading...

ピーマンとパプリカの違いってご存じですか?味こそ違えど、見た目はとても似ているふたつ。ピーマンは緑で、パプリカは赤や黄色だと思っている方が多いかもしれません。今回は、意外と知られていないピーマンとパプリカの違いについてご紹介します。

ピーマンとパプリカの違いってわかる?

みなさんは、ピーマンとパプリカの違い、説明できますか?大きさや味は違うけど、形や見た目は似ているし、ほとんど同じ。果たして、ピーマンとパプリカは同じ野菜なのでしょうか?ピーマンとパプリカにどういう違いがあるのか、様々な観点から比較してみました。

ピーマンとは?

まずは、ピーマンについて。ピーマンはナス科の一年草およびその果実で、トウガラシの栽培品種に分類されています。しかしトウガラシとは違って果実は肉厚で、果肉は種子以外ほとんど空洞なのも特徴です。緑色は未成熟の果実のためであり、成熟すると一般的なものは赤色のほか黄色、橙色に変わるものもあるのだとか。

高温を好み、湿度と乾燥には弱い植物のため、日本では冬から春にかけての時期はハウス栽培が行われています。温暖な気候となっている宮崎県と高知県で特に盛んに行われ、日本国内で冬から春に出回るピーマンはこれらの県で栽培されたものが多いのです。

ピーマンは、一般的に5月頃に植え付けされ、7月から10月頃にかけて収穫されます。生産量は茨城県が1位で、その他県では、宮崎県、高知県、鹿児島県、岩手県、福島県などが主な産地として知られています。

熟成する前に収穫する理由

熟成すると緑のピーマンも赤くなってしまうとのことですが、どうして緑のうちに収穫してしまうのでしょうか。例えばトマトは緑のうちには食べず、赤くなってから収穫しますよね。

その理由は、ピーマンが赤くなるまで待っていると時間も手間もかかるため、価格も上がってしまって売れにくくなるから。また、緑のうちに収穫すると早く次のピーマンを育てることができ、それだけ栽培の回転も良くなるので、安く提供することができます。

しかしながら、実際は赤いピーマンの方が栄養価が高く、甘みも出ておいしいのだそうですよ。

パプリカとは?

続いて、パプリカについて説明します。パプリカは、ナス科の多年草であるトウガラシ属トウガラシの栽培品種。または香辛料のことを言います。カラーピーマンの一種であり、日本では肉厚で辛みがなく、甘い品種のことを指します。

日本で流通する果実の多くは、赤色や黄色、橙色ですが、紫色、茶色などの品種も存在。ピーマンと同じく辛くない品種で、肉厚で果実の部屋数が3〜4に分かれた綺麗なベル形をしています。また、パプリカの色素は、着色料としても使われているんですよ。

果皮はやや硬いものの、果肉は豊富な果汁を含み、肉厚で糖度が高いのも特徴です。果実は加熱調理するのはもちろん、生でもおいしく食べることができます。日本国内では、宮城県や熊本県でも生産されています。

どちらもナス科トウガラシ属!

それぞれ調べてみたところ、実はピーマンもパプリカもナス科のトウガラシ属という同じ栽培品種に分類されることが分かりました。植物学的には、ほとんど同じということになります。

海外では、トウガラシ属の中でもピーマンやパプリカはスイートペッパーと呼ばれており、いわゆる普通のトウガラシはホットペッパーと呼ばれています。

ピーマンとパプリカの違いは結局…

ピーマンも熟せば赤くなるようですし、結局ピーマンとパプリカは植物学的にはそこまで大きな違いもなく、しっかりとした違いの定義がされていないのが事実のようです。

ふたつの見分け方

結局のところ、ピーマンとパプリカの大きな違いは外皮の状態。ピーマンはパプリカに比べて果肉が薄く、小ぶりで細長いのが特徴です。どちらも同じようなベル型をしていますが、パプリカは外皮がピーマンの倍ほどの厚みがあります。

緑色のものはピーマンで、赤や黄色、オレンジのものはパプリカ、という覚え方もありですが、厳密に言えば赤や黄色のピーマンだってありますし、緑色のパプリカも存在します。きちんと知っておきたいなら、色以外の特徴で覚えておいた方が良さそうですね。

味の違い

味に関して、ピーマンは苦味が強いことから子供の嫌いな食べ物の代表格。生で食べることは少なく、煮たり焼いたりしてから食べることが多い野菜です。一方、パプリカは甘みが強く、生でもサラダやディップなどにして食べることができます。それぞれよいところがあるので、料理法や状況に合わせて使い分けるとよいですね。

ピーマンもパプリカもおいしく食べよう!

ピーマンとパプリカの違い、いかがでしたか?ピーマンとパプリカに、植物学上は明確な違いがないというのには驚きましたよね。また、パプリカの方が彩りもよく甘みもあるので、ピーマンの苦さがあまり得意ではない方は、パプリカで代用してみてもいいかもしれません。

パプリカは、油と共に調理するとその栄養を効率よく摂ることができるため、オリーブオイルなどの油と一緒に調理するのが相性がいいようですよ。一方ピーマンは、ピーマンの肉詰めやチンジャオロース、酢豚など、ピーマンが欠かせない料理がたくさんあります。

それぞれの食材に適した調理法で、おいしくいただきたいものですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハンバーグにナツメグを入れるのはなぜ?身近なアレで代用もできる!

ハンバーグ

ハンバーグ作りをする際にレシピを見ていると、必ずといっていいほどナツメグが出てきます。ハンバーグにナツメグを加えることで本格的な味わいになりますね。ここでは適した量や、ナツメグがないときの代用についてもご紹介。

結局はマリネじゃない!困惑させるエスカベッシュのレシピとは

レシピ

エスカベッシュとはどんなお料理かご存じですか?西洋風南蛮漬けとも言われるエスカベッシュは、南蛮漬けとどこか違いがあるのでしょうか。エスカベッシュの基本的な作り方から、さまざまな応用レシピ、名前の由来など、もり…

トロトロ甘〜い「白菜の味噌汁」の人気レシピ。具の選び方も教えます

レシピ 白菜 和食

鍋物などの煮込み料理に活躍する「白菜」ですが、味噌汁に入れるのもおすすめなんです。今回は、白菜が主役の味噌汁レシピを厳選してご紹介。白菜とよく合う具材や、味噌を選ぶ際のポイントもお教えします。白菜の味噌汁で、…

栄養バランスばっちり!野菜中心の作り置きレシピ15選

作り置き レシピ まとめ

時間があるときに調理しておけば、バランスの取れた献立が作れる「作り置きおかず」。専用の料理本が出たり、テレビや雑誌でも話題を集めています。今回は、野菜のみを使った作り置きレシピをご紹介!朝昼晩の食事だけでなく…

同じ部位でも雌だとミサキ!?「ぼんじり」の呼び方が意外とややこしい

レシピ

焼き鳥屋さんではおなじみの「ぼんじり」。お店にいけば気軽に食べられる部位ですが、実はとても希少な部分なんです。一羽にわずかしかない、ぷりぷりとした食感が人気のぼんじりの部位とはどこ?具体的な場所や名前の由来に…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

タルタルソースの「タルタル」って何? 想像の斜め上をいく「料理名の意外すぎる由来」7選

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

【節約】つい無駄にしてしまう薬味野菜の保存方法まとめ

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

飼い主として知っておくべき!ペットが食べると危険な食材まとめ

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

身近なものでスキンケア!肌に塗るだけで美容効果のある食材『7』選

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ミネストローネのリメイクレシピ15選!パスタにリゾットに七変化♩

レシピ スープ まとめ

ミネストローネはおいしいけれど、余ってしまって困っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、リメイクレシピをご紹介します。パスタやリゾットなど、バリエーション豊かに変身させられるんですよ。むしろリメイ…

給料日前を乗り切れ!シャキッとおいしいもやしサラダの人気レシピ25選

まとめ

シャキシャキ食感があとを引くもやしは、低価格でスーパーに並んでいることが多く、節約にぴったりの食材ですよね。今回は、そんなもやしを使ったサラダの人気レシピをご紹介!マヨネーズを使った洋風から、電子レンジ活用の…

ニンニクから芽が出た…!食べられる?簡単な取り方のコツは?

にんにく レシピ

使い切れなかったににんにくを置いていたら、にんにくからいつの間にか芽が出ていて驚くことはありませんか?にんにくの芽は毒性を持っていないため、食べることができるのですよ。捨てずに美味しく食べられる方法をレシピと…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る