焼きカレーとは

焼きカレーとは、耐熱皿にごはんをしき、その上にカレーをかけ、チーズや卵などをのせてオーブンで焼いている料理です。基本的には、カレーとチーズがかかっていること焼いていることが焼きカレーの条件。カレーライスとドリアの魅力を合わせたようなメニューです。

歴史

昭和30年代、福岡県北九州市門司港の栄町銀天街にあった「山田屋」という和食店が、焼きカレーを始めたと言われています。ある日店主が土鍋にカレーを入れて、ドリア風にオーブンで焼いたところ、とてもおいしくなることを発見。のちにお店のメニューとして出したら、人気が出たのだそう。

門司港の名物料理

明治から戦前頃、門司港は国際貿易港として繁栄したことから、洋食文化が早くから発達したため、このような料理が家庭でも親しまれたようです。現在「山田屋」は閉店していますが、焼きカレーは「焼きカレーMAP」が作成されるほど、門司港の名物料理として残っています。

門司港「山田屋」の焼きカレー再現レシピ

耐熱皿にターメリックライスをしき、ほうれん草を散らします。カレーをかけ、真ん中に生卵をのせチーズをかけたら、あとは焼いてできあがり♪ ポイントは高温で一気に焼き目をつけること。こうすることで、卵がトロトロに仕上がりますよ。

焼きカレーの人気アレンジレシピ12選

1. 材料4つで。簡単焼きカレー

市販のカレーや残ったカレーのリメイクとしても作れる焼きカレー。ピザ用チーズとドライパセリをのせてオーブンで5分ほど焼けば、あっという間に焼きカレーのできあがり!チーズが伸びる、熱々をお召し上がりください。

2. 保温効果あり。スキレットで熱々焼きカレー

料理は器が変わると印象が変わりますよね。焼きカレーもスキレットで作ると、洋食屋のような雰囲気に!焼きカレーを作る工程は先にご紹介したレシピと同じですが、オーブンで焼いて取り出してからも熱々な状態が持続するので、ぜひスキレットでも作ってみてください。

特集

FEATURE CONTENTS