ローディング中

Loading...

今回はいつものカレーにとろみをつけるちょっとしたテクニックをご紹介します。そもそもカレーにはなぜ「とろみ」があるの?といった疑問からとろみが(足りない)原因や、その解決法をご紹介します!次回カレーを作る時には参考にしてみてくださいね。

カレーにはなぜ「とろみ」がある?

一般的に“おいしい”といわれるカレーは、やっぱり「とろみ」のあるカレーではないでしょうか。カレーにとろみがあるのは、主にカレーのルウに含まれている小麦粉が過熱されることで、でんぷんが糊化するのが理由です。

じゃがいもの煮崩れなどからもとろみは作られますが、カレーにうまくとろみが出ない場合には、いくつか理由が挙げられるでしょう。その原因をさっそく見ていきましょう。

カレーにとろみがつかない原因とは?

レシピ通りの分量で、手順通りに作っているのにカレーにとろみが出ないとき、ありませんか?いくつかある理由から、とろみが出ない原因を探ってみましょう。

消化酵素アミラーゼの働き

あなたの家ではカレーにはちみつを入れますか?はちみつをカレーの鍋に加えると、はちみつに含まれる「アミラーゼ」と呼ばれる消化酵素の働きで、カレーのとろみがつきにくくなってしまいます。75℃以上の熱でアミラーゼの働きはストップしますが、具材の煮込み具合が不十分である場合はとろみがつきにくくなるでしょう。

アミラーゼははちみつだけでなく、豆類や味噌、醤油、さらには人の唾液にも含まれています。隠し味に使う調味料や、味見をするのに口をつけたお玉やスプーンを鍋に戻すことで、わずかな量であっても小麦粉の粘りを奪ってしまうのです。

味見をするときは小皿に移すはちみつを入れたいときはルウの前に入れて20分以上煮込む、そういった工夫が、とろみを出せる秘訣となりますよ。カレーに自然な甘みを付けることができるはちみつですが、とろみがつきにくい原因になるというのは意外ですよね。

具材の水分量が多い

みずみずしい新玉ねぎや、冷凍のシーフードなどを具材として使うことで、水分量が多くなってしまう場合があります。そんなときは、水の量を少なめにして調整しましょう。鍋のふたをぴったり閉めていたり圧力鍋を使う場合も、水の蒸発量が少なくなるので同じことがいえます。

使用するじゃがいもの種類

使用するじゃがいもの種類によって、カレーのとろみ具合は変わってきます。じゃがいもは煮崩れすればとろみが増すため、男爵いもはカレー向きです。逆にメークインやニシユタカ、新じゃがは煮崩れしにくいのでとろみがつきにくいということです。

最後の煮込み足りない

また、カレーのルウは溶かしてから再加熱することでとろみがつくようにできているので、しっかり煮込むことがポイントです。ルウを入れたのにとろみがつかないと思って、あわてて分量以上のルウを入れてしまわないように注意しましょう。風味をなじませるように10分間くらいは再加熱をしてとろみをつけましょう。しっかりと加熱すれば、次第にカレーにとろみがついてきます。

カレーにとろみが足りないときはどうする?

水溶き片栗粉を入れる

カレーに十分なとろみがつかないときは、片栗粉を使ってみるのがおすすめ。片栗粉を少量の水で溶き、ルウに混ぜ、なじませましょう。カレールウ1箱に対して片栗粉は大さじ2くらいが目安です。

カレーの鍋を沸騰させグツグツしている状態のところに、溶いた片栗粉を入れて、とろみがつくまで弱火で5分~10分煮込んでください。主成分であるでんぷんによってとろみがつきます。片栗粉を入れることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、大量に入れなければ味が変わってしまうこともありません。片栗粉は馬鈴薯(ばれいしょ)のでんぷんが原料として使用されることも多いので、カレールウとの相性に問題はないのです。

小麦粉を水で溶いて入れる

カレーのルウには小麦粉が使われている記載がありますよね。とろみが足りないと感じたら、さらに小麦粉を水で溶いて入れてもOKです!小麦粉をそのままふるって入れるとダマになってしまうので注意が必要です。先に水で溶いてから入れるとダマができず、見ためのきれいなカレーに仕上がるでしょう。

すりおろしたじゃがいもを入れる

じゃがいもはでんぷん質が多いので、すりおろしてカレーに混ぜることでとろみがつきます。すりおろす手間はありますが、この方法を使う人も多いでしょう。じゃがいもをすりおろして火に加えるとモチモチとした食感になることから、チヂミ作りでもじゃがいものすりおろしは使われたりしますよね。

チーズを入れる

少しだけとろみが足りない場合には溶けるチーズを入れる方法もあります。チーズの風味やコクでカレーのうまさが、またひと味違った仕上がりになるでしょう。ただしカロリーが上がってしまうので、入れ過ぎには注意してくださいね。とろみがたくさん欲しい場合には、別の方法がベターです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キャンディー かき氷

袋入りの飴の味に飽きたり、量が多すぎて賞味期限が近かったりと、食べきれずにあまってしまった飴はありませんか?そんな飴は「飴シロップ」に変身させて、最後までおいしくいただきましょう!飴シロップの基本の作り方や、…

おにぎり

シールをピッと引っ張って開けるタイプのコンビニおにぎり。パリッパリの香ばしい海苔で食べられるのがうれしいですよね。あの包み方を、アルミホイルで再現できるって知っていましたか?おにぎりや手巻き寿司をおいしく食べ…

かぼちゃ コロッケ カレー おつまみ

秋はおいしい食べ物がいっぱい。なかでも見逃せないのが、ほんのり甘みのあるかぼちゃです。今回はホクホク食感を生かした「かぼちゃのひとくちカレーコロッケ」にしました。カレー味にして、甘みのなかにピリッとあと引く味…

八王子 東京 パン カツ丼 カレー レシピ

八王子のご当地グルメ「パンカツ」を知っていますか?今回は気になる作り方から、パンカツの名店「やまと」の店舗情報まで詳しくまとめてみました。サックサクの見た目に隠されたその味はいかに……?実際に作ってみたので実…

カレー

ほろほろの食感がたまらない「牛すじカレー」。今回は、圧力鍋で作る牛すじカレーのレシピをご紹介します。炊飯器を使ったレシピなど、圧力鍋を使わない牛すじカレーの作り方もチェック!家計にやさしい牛すじ肉を、上手に使…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

カクテルは名前を見ても見当が付かないものがチラホラあると思いませんか?「カシスオレンジ」ならカシスとオレンジ。「カンパリソーダ」だったらカンパリとソーダ。とすぐわかるのですが、問題は「モスコミュール」や「スプ…

レシピ 寿司 まとめ

もうすぐひな祭りですね♫ひな祭りといえばちらし寿司!まだ少し時間がありますが、今年のちらし寿司はいつもと少し違ったおしゃれなものにしてみませんか?今回は見た目もとっても可愛くておしゃれなちらし寿司をご紹介しま…

レシピ チーズ まとめ アレンジレシピ

雪印メグミルクから販売されている「さけるチーズ」を使ったアレンジレシピを10選しました。そのまま食べてもクセになるほど美味しいと評判ですが、アレンジして食べるとまた違った楽しみ方ができます♡

レシピ まとめ たまご

疲労が溜まる仕事やストレスの多い生活をしている彼の食事に卵を加えてあげませんか?茹でる、煮る、焼く。卵はオールマイティに活躍できる栄養のある食材です。普段の食事に卵を一つ加えてエネルギーとパワーをアップさせま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る