調理する場合は中までしっかり火を通す

牛肉は、食中毒をおこす菌は外側にしか付着せず、表面を焼けば大丈夫だとされます。そのためステーキをレアで食べられるのです。しかし、成型肉をレアで焼くことは厳禁!

端肉の表面に菌がついていると、それを集めた加工肉内部に菌が存在することになります。調理する場合は、肉の中までしっかり火を通してください。(※1)

アレルギーを持っている人は注意が必要

成型肉を製造するとき、軟化剤や粘着剤などの食品添加物を混入します。その添加物の中に、小麦粉や卵、牛乳などのアレルゲンを使用している場合が。

2022年4月から、成型肉を含むすべての加工肉に、アレルギー表示が義務付けられました。アレルギーを持っている人は、必ず商品のラベルを確認するようにしましょう。(※1)

成型肉のことをよく理解して上手に利用♪

成型肉が店頭に並ぶことは少ないものの、たまにサイコロカットしたものを販売している場合があります。また通販では、脂肪注入肉をステーキとして売っていることも。それらはすべて、原材料表示を見れば一目瞭然です。

加工肉だからダメということはありません。価格がリーズナブルなうえ、肉の端材を有効利用するので、食材を無駄にしない大切な加工技術です。そのあたりを理解したうえで、成型肉を上手に利用してください。
【参考文献】
(2022/05/19参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ