用途別にチェック!クッキングシートがないときに使える代用品一覧

料理の途中で、クッキングシートがないことに気づく……。そんな状況に陥ったことがある方も多いのではないでしょうか。今回は、クッキングシートを代用する方法をまとめてみました。用途によっていくつかの方法があるので、参考にしてみてくださいね。

クッキングシートがない…とお悩みの方へ

いざ料理をはじめてみたら、レシピに「クッキングシートが必要」とあった。でも、今手元にクッキングシートがない……という状況に立たされた方、今現在そんな状況にある方、いらっしゃると思います。

急いで買いに走ってもいいのですが、実はクッキングシートはいろいろなもので代用可能です。

使う用途によって、さまざまなもので代用できますので、今回ご紹介する方法を試してみるのもいいかもしれません。シーン別にいくつかの方法をご紹介しますので、困ったときの参考にしてみてください。

クッキーを焼くときの代用グッズ

クッキーを焼くときに、クッキングシートがないと焦ってしまいますよね。でも大丈夫、バターやアルミホイルがあれば、クッキングシートなしでもオッケーですよ。

実は、クッキングシートは新しいアイテム。昔はクッキングシートなしでクッキーを焼いていました。ここでは、昔ながらの方法をご紹介します。

天板にバター(マーガリン)を塗る

天板にバターやマーガリンを塗って、直にクッキーを並べて焼きます。バターの匂いが気になり、クッキーに移したくない方は、サラダ油などを使用するといいでしょう。

アルミホイルを使う

アルミホイルを、クッキングシートの代用として使用します。クッキングシートのように天板に敷けばいいのですが、薄く油を塗っておくと生地離れがしやすいので安心です。

落としぶたにするときの代用グッズ

落としぶたをするときに、クッキングシートを使っている方も多いかも知れません。クッキングシートを切らしたとしても、大丈夫です。いくつかの方法がありますので、紹介いたしますね。

キッチンペーパーを使う

キッチンペーパーに穴をあけて、具材の上にかぶせるだけでオッケーです。何枚も重ねなくても、一枚で大丈夫ですよ。

アク取りの効果もあるので、ぜひ使ってみてくださいね。

紙皿を使う

お花見やピクニックのときのために買った紙皿があまっていたりしませんか?

紙皿も落としぶたとして使うことができます。
キッチンペーパーと同じように、穴をあけて使用します。棚の隅に眠っていた紙皿も、工夫次第で活用できますよ。

大きめの昆布を使う

昆布で出汁をとったときに、その余った昆布ってどうしてますか?

実は、大きめの昆布であれば、そのまま落としぶたとして使用可能です。昆布のおいしさがにじみ出ますので、まさに一石二鳥。

ケーキの型紙として使うときの代用グッズ

コピー用紙やチラシを使う

実は普通の紙でも十分代用可能です。
燃えないか心配ですが、一般的なオーブン温度ではまず発火のおそれはありません。油がしみた紙を使用したり、熱源に触れるような置き方をしなければ大丈夫です。

チラシを使う場合は、インクが移らないためにも、裏側の白くてつるつるした面を使用してください。

型にバター(マーガリン)を塗る

特集

SPECIAL CONTENTS