ライター : 菅 智香

育児料理アドバイザー

育児料理アドバイザー、食育インストラクター。子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案。

ステーキの焼き方一覧

焼き加減焼き方と時間確認方法
レア・表になる面を強火で約30秒焼く
・火を弱め、約1分焼く
・裏返して強火で約30秒焼く
・再び火を弱め、約1分焼く
かなりやわらかい触感を感じられ、指で押すと深くへこみ、へこみがなかなか戻らないほどの弾力です。
親指と人差し指でOKマークを作ったときの、親指の根元のやわらかさが目安ですよ。
ミディアムレア 表になる面を強火で約1分焼く
・火を弱め、約2分焼く
裏返して強火で約30秒焼く
再び火を弱め、約2~3分焼く
レアに比べ、わずかに弾力が感じられるるのが特徴です。指で押すと、少しへこむくらいの弾力ですよ。
親指と中指の指先を合わせたときの、親指の根元のやわらかさが目安です。
ミディアム 表になる面を強火で約1分焼く
火を弱め、約2分焼く
裏返して強火で約30秒焼く
再び火を弱め、約2~3分焼く
指で押すと、ゆるやかにへこんでゆっくりと戻るくらいの弾力です。
しっかりとした弾力を楽しめますよ。親指と薬指の指先を合わせたときの、親指の根元のやわらかさが目安です。
ウェルダン 表になる面を強火で肉汁が浮き出るまで焼く
裏返して強火のまま肉汁が浮き出るまで焼く
火を弱め、約3分焼く
指で押すと、へこみにくいほどの弾力です。
親指と小指の指先を合わせたときの、親指の根元のやわらかさが目安です。

【下ごしらえ】ステーキの焼き方

冷蔵庫から出して常温にしておく

Photo by 菅 智香

冷蔵庫から出したばかりの冷たい肉を焼くと、表面だけが焼けて中にまったく火が通っていないということがあります。肉は1時間ほど前(夏場は30分ほど前)に冷蔵庫から出して、常温に戻しておきましょう。

常温にすることで熱の通りが早くなり、焼きムラを防げます。冷凍肉の場合は、まず冷蔵庫で完全に解凍してから常温に戻してください。

肉の筋切り、穴あけをする

Photo by 菅 智香

焼いたときに肉が縮まらないよう、赤身と脂肪の間にある筋を包丁で数ヶ所切っておきましょう。また、フォークでさして肉全体に穴をあけておきます。こうすることで繊維が切れ、やわらかく食べやすいステーキに仕上がりますよ。

焼く直前に塩こしょうする

Photo by 菅 智香

塩こしょうは、必ず焼く直前にまぶすようにしましょう。特に塩は、早めにまぶすと旨味成分である肉汁が外に出てきてしまいます。こしょうは、香り高い粗挽き黒こしょうがおすすめ。それぞれ30cm程度の高さから均一に振りかけましょう。

【フライパンの準備】ステーキの焼き方

フライパンは十分に熱しておく

肉を入れる前にフライパンをしっかりと熱しておくことで、肉に焼き目がついて旨みが閉じ込められます。鉄製のフライパンなら、煙が少しあがるくらいまで熱しましょう。テフロン加工のフライパンは空焚きするとテフロンが剥がれやすくなり、フライパンが傷む原因になってしまうので、中火で徐々に熱していきます。

熱くなったら牛脂を入れる

Photo by 菅 智香

油は、フライパンが充分に熱くなったところで入れます。サラダ油でもいいですが、牛脂を使えばコクが増しますよ。特に、赤身の肉をステーキにする際におすすめです。いつもサラダ油を使う人は、ぜひ一度試してみてくださいね。

編集部のおすすめ