再現レシピも!未知の泡食感「エスプーマ」でしゅわしゅわの魅力に惚れる

「エスプーマ」という名前を聞いたことがありますか?簡単に言うと「泡」です。今、このエスプーマが、料理界でかなり注目を集めています。一体どんな料理、調理法で、エスプーマを使ったレシピはどういったものがあるのでしょうか。ご紹介していきますね。

エスプーマってなに?

「エスプーマ」という言葉を聞いたことがありますか?
エスプーマは、スペイン語で「泡」という意味で、まさに泡のようなふわふわさせた料理のことです。メレンゲでもクリームでもない不思議なものが、エスプーマです。料理の調味料、お供として今、注目を集めています。

今回は、そのエスプーマについて詳しくまとめてみました。ぜひエスプーマについて知り、おしゃれな料理の知識を身につけましょう。きっとエスプーマを使った料理を食べたくなること間違いありません。

有名レストラン「エル・ブリ」発祥の「エスプーマ」

「エル・ブリ(エル・ブジ)」は、スペイン・カタルーニャ州にあった、超有名レストランです。地中海のコスタ・ブラバに面しています。イギリスのレストラン誌に掲載された「世界のベストレストラン50」で、なんと5回も1位に選ばれています。席が50席に対し、世界中から年間200万件もの予約希望が殺到し、別名「世界一予約がとれないレストラン」とも言われています。

そんな「エル・ブリ」から発祥したエスプーマは、液状を泡にしたもので、どれもまろやかに仕上がり、メインを打ち消すことのない優しい味わいになっています。味が衰えることもなく、むしろ深みがアップするとまで言われています。

エスプーマを作るには機械が必要

エスプーマを作るには、機械が必要になります。液状の食材に亜酸化窒素を使うことによって、食材の香りや味を損なわずにムース状にする機械です。まるで空気のように軽い、今までなかった食感がエスプーマの特徴です。

料理の味に影響を与えることはなく、素材そのものの味を活かして作られていて、優しい食感で料理とうまく絡みあってくれます。最高の調味料といっても過言ではありません。

機械がなくてもエスプーマは作れる!?

しかし、「なかなか機械を買ってまでは……」「スペインに行く機会もないし……」という方が多いことでしょう。なんと、機械を使わなくても作れるエスプーマが、実はあったのです!気になりますね。

泡醤油パウダーをご存知ですか?
醤油、ゼラチン、卵白を混ぜます。まるでチョコムースのような見た目に仕上がります。ちょっと薄い優しい色も、また素敵です。

泡醤油パウダーは、液体と違ってつけすぎることもなくちょうどよい量を料理につけることができます。食感はもちろん味にも変化が。コクがいつもよりぐーんとアップするのです。食材を泡にすると付着性が高くなり、舌の上にとどまる時間が長くなるので味わいが長引き、その結果コクが増すと考えられています。

他にもゼラチンを使う場合もありますので、ゼラチンがある方はゼラチンを使用したエスプーマを作ってみてもいいですね。

テレビで紹介された「泡コーヒー」も見逃せない!

人気テレビ番組『ためしてガッテン』でも紹介された「泡コーヒー」も、エスプーマを語る上で押さえておきたいですよね。

作り方は、ペットボトルにインスタントコーヒー、砂糖、水を入れて、思いっきり振る!氷を入れたグラスに出来上がった泡を入れ、そこに牛乳を注げば完成です。なんとも、原始的なやり方だと思いませんか?ぜひ、試してみてくださいね。

試してみたい!エスプーマレシピ5選

1.泡オクラでアジアンそうめん

いつものそうめんを、エスニックな感じでいただきたいときは、こちらのレシピをおすすめします。エスニックすぎるとちょっと食べづらいという方も、泡オクラを使っているのでまろやかさもあり、とても食べやすくなっていますよ。食欲のないとき、スタミナをつけたいときにぜひ。

2.カプチーノ風ドレッシング

カプチーノと言えば、コーヒーですよね。ドレッシングでも再現することが可能な時代になりました。クリーム系ドレッシングとマヨネーズの中間くらいで、くどさがなくとても食べやすくなっています。手早い作業でふわふわを保ちましょう。なるべく早めに食べることをおすすめします。

特集

SPECIAL CONTENTS