連載

お店のようなふわとろ食感!たまごソムリエ秘伝「究極の親子丼」の作り方

たまごのスペシャリスト、たまごソムリエが「究極の親子丼」の作り方をご紹介します。ちょっとしたポイントさえ押さえれば、誰でも簡単に究極の親子丼ができちゃうんです!お店で食べるような、ふわとろの親子丼をあなたも作ってみませんか?

2017年4月20日 更新

みんな大好き「親子丼」!

鶏の肉がたっぷりの卵に包まれた「親子丼」。親子丼の発祥の諸説はいくつかあります。その諸説のひとつは、日本橋人形町にある「軍鶏料理専門店玉ひで」で、軍鶏鍋鳥鍋を食べていたお客さんが、鍋の〆に卵でとじてご飯と共に食べていたのがきっかけでできたというもの。当時は、その食べ物を「親子煮」と呼んでいたそうですが、食べやすいように飯にかけて一品料理として提供するようになり、のちに「親子丼」と呼ぶようになったようですよ。

おうちでもパパッと作れて重宝しますが、お店で食べる親子丼は格別においしいですよね。いざまねして作ってみようとしても、卵が固くなりすぎてしまったり、汁が多すぎてしまったり……そんな失敗をしたことがある方は意外と多いのではないでしょうか?

ということで、今回はお店のようなふわとろ食感、「究極の親子丼」の作り方を伝授したいと思います!

「究極の親子丼」の作り方

では、さっそく作っていきましょう。今回は究極ということで、食材は鶏肉のみです!

材料

・卵 2個
・ご飯 1人前
・鶏肉 
・みりん 大さじ2
・だし汁 大さじ2
・醤油 大さじ1
〜トッピング〜
・卵黄 1個
・三つ葉 適量

下準備

まずは、だし汁を超簡単に作ります。

材料は、昆布・干し椎茸・桜エビのたったの3つです(ない場合は顆粒だしなどで代用でもOK!)。器にだし材料を入れて、沸騰させてたお湯を入れます。そのまま、10分待てば完成です。とっても簡単ですね!
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

たまごソムリエ友加里

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう