【基本レシピ】めんつゆで作る親子丼!ふんわり仕上げのコツとは

とろ~り卵の優しい味が特徴の「親子丼」。めんつゆを使って短時間で作っても、コツをおさえれば本格的な味に仕上げることもできます。今回は、そんな親子丼の基本の作り方&人気レシピをご紹介。参考にしてみてくださいね!

2018年10月20日 更新

ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

めんつゆで簡単!「親子丼」基本の作り方

Photo by donguri

まずは、めんつゆを使った基本の親子丼の作り方をご紹介!鶏肉と玉ねぎさえ包丁でカットすれば、あとはフライパンひとつで簡単に作ることができますよ♪

材料(1人分)

Photo by donguri

・鶏もも肉……1/2枚(130g程度) ・玉ねぎ……小さめなら1/2個、大きめなら1/4個 ・卵……2個 ・めんつゆ(2倍濃縮)……大さじ3杯 ・水……大さじ3杯 ・砂糖……小さじ1杯 ・ご飯……お茶碗1杯分 ・青ネギ、のり……適量

作り方

1.鶏肉はひと口大、玉ねぎは繊維にそって薄切りにします。

Photo by donguri

2.卵は10回ほど軽く混ぜます。 ※黄身と白身が分裂した状態でOK。混ぜすぎに注意です!

Photo by donguri

3.小ぶりのフライパンに、めんつゆ、水、砂糖を入れ、さらに玉ねぎと鶏肉を入れます。

Photo by donguri

4.玉ねぎが茶色くなり、鶏肉に火が通るまで中火で加熱します。

Photo by donguri

5.卵の半分を入れ、軽く全体を混ぜます。

Photo by donguri

6.残りの半分の卵を流し、好みの固さになるまで温めたら火を止めます。

Photo by donguri

7.温かいご飯の上に具をのせて、お好みでのり、刻みネギをトッピングすればできあがり!

Photo by donguri

親子丼を作るときのコツ

味付けの黄金比は、3:1:2

親子丼で重要な味付けは、ダシ:醤油:みりん=3:1:2の黄金比だけ覚えておけばとっても簡単!人によって甘め、辛めの好みがあるので、こちらの比率をベースにアレンジを加えて、自分だけのオリジナル黄金比を作っても良いですね。

とろとろ卵は「混ぜ方」と「入れ方」にあり

親子丼の魅力はなんといっても、とろとろ卵。お家で作ると、お店とは違って卵が固くなってしまうことがありますよね。上手に作るポイントは、「混ぜ方」「入れ方」なんです。卵は混ぜすぎず、半熟感を残すために2回に分けて入れるようにしましょう。

カロリーカットなら胸肉やささみを使用

カロリーカットで親子丼を作るなら、鶏もも肉ではなく、胸肉やささみを使用しましょう。どうしても鶏もも肉を使いたい場合は、皮をとるだけで大幅にカロリーをカットすることができます。

特集

FEATURE CONTENTS