韓国のお酒のアルコール度数は?

ソジュ

ソジュとは、韓国語で焼酎のこと。韓国で大変親しまれているお酒のひとつです。アルコール度数は16~40%前後と幅があり高めですが、50ccの小さなグラスに注いで、ストレートで飲むのが一般的です。(※8)

鏡月

韓国の名水・雪岳山(ソラクサン)系の天然水で仕上げる焼酎甲類。口当たりなめらかでほのかな甘みがあり、すっきりとしたあと味が特徴です。アルコール度数は20%25%の2種類があり、すこし高めですね。(※9)

メクチュ

メクチュとは、ビールのことです。日本と同様に、缶のメクチュはコンビニやスーパーなどでもたくさんの種類が売られています。アルコール度数は一般的に4.5~5%ほどです。(※10)

チョンハ

焼酎と並んで、居酒屋・大衆食堂でもよく飲まれているチョンハ(清河)。米から作られている清酒で、マッコリとは異なり、すっきりとしたクセの少ない味わいが人気です。アルコール度数は13%で、冷酒で飲むことが多いようです。(※11)

メファス

メファスとは、熟成させた青梅エキスを原料にした梅酒のこと。日本の梅酒と同じようにまろやかでほのかに甘みがあり、飲みやすいお酒です。アルコール度数は14%程度。(※11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ