旨味が増す!まいたけを「冷凍保存」する方法と解凍の注意点

肉厚で様々な料理で活躍してくれるまいたけ。ですが、大量に買いすぎてしまうと食べきれるか心配、なんていうときもありますよね。そんな時は冷凍保存がおすすめなんです!正しいやり方を知って、まいたけを今まで以上に活用してくださいね。

2016年11月1日 更新

解凍方法と注意点

冷凍まいたけを使う際、電子レンジの解凍機能や自然解凍によって元の状態に戻す必要はありません。解凍してしまうと水分が流出してしまい、まいたけの食感が悪くなってしまうのです。
凍ったままの状態で炒め物やスープなどに使い、じっくり火を通すことで旨味成分が増します。電子レンジを使い高温で一気に調理したときもまいたけの持つ旨味を最大限に引き出すことは難しくなります。
冷凍まいたけはそのまま、鍋やフライパンでの調理に使うのがベストであることを覚えておきましょう。

冷凍したまいたけをおいしく食べられるレシピ

まいたけの天ぷら

小麦粉・玉子・冷水を溶いて作ったころもにくぐらせたまいたけを中温の油でカラッと揚げます。ころもを混ぜすぎないことが口当たりをよくするポイントです。あつあつの天ぷらを本つゆで作った天つゆでいただけば、まいたけの旨味が口いっぱいに広がります。

ごぼうとまいたけの炊き込みご飯

二つの食材の旨味を堪能できる炊き込みご飯です。といだお米にささがきにしたごぼうと食べやすい大きさのまいたけをお酒・みりん・薄口しょう油・塩で味付けしただし汁で炊きます。
炊き上がるまでにちりめん参照を作り、トッピングして一緒にいただけば味の変化も楽しめますよ。行楽のお弁当にも持っていきたい一品です。

ごぼうとまいたけのきんぴら

いつものきんぴらがまいたけを使うことで風味豊かに仕上がります。細切りにしたごぼうをごま油と鷹の爪で炒め、火が通ったらまいたけをプラス。砂糖・お酒・みりん・だしの素で味を付けてしっかり味がつくまで炒めます。
お皿に盛り付けて小ねぎを散らせば彩りもきれいです。ごぼうとまいたけの旨味がいっぱいのきんぴらがあればご飯もすすみそうですね。
2 / 3

特集

SPECIAL CONTENTS