5. ツナ缶・チーズ入りのトマト餃子

トマト、ツナ缶、セロリ、たまねぎ、にんにくをフードプロセッサーで細かくしたら、細切れにしたチーズを加えます。餃子の皮で包んで、焼き色が付くまで焼いたらできあがり!フードプロセッサーではなく、包丁で細かく切ってももちろん問題ありません。

6. ひんやりさっぱり!トマト入り水餃子

鶏ひき肉、にんにく、しょうゆ、塩、大葉の千切り、ごま油を合わせて混ぜたら、角切りにしたトマトを加えます。餃子の皮で包んだら、沸騰したお湯で1分間茹でて、氷水で冷やしたらできあがり!トマトと大葉でさっぱりした味に仕上がっていて、暑い夏にぴったりのひと品です。

7. 海老マヨ風!アボカドとトマトの餃子マヨ

餃子を170℃の油で3~4分揚げておきます。ボウルに角切りにしたアボカド、マヨネーズ、ケチャップ、コンデンスミルク、レモン汁を入れてよく混ぜて、揚げた餃子と角切りにしたトマトを合わせたらできあがり!パリパリッとした餃子に、まろやかなソースがよく合います。

こんなアレンジトマト餃子も!

とろーりリーズのトマトクリーム餃子

まずニンニクはみじん切り、玉ねぎはスライス、トマトは粗みじん切りにします。フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて炒め、香りがでたら玉ねぎと小麦粉を加えます。小麦粉がまんべんなく行き渡ったら、トマト半量、トマトケチャップ、水、牛乳、コンソメを加えてさらに炒めます。一度沸騰したら餃子を入れ、蓋をして蒸し煮にします。そのあと残りのトマト半量を入れ、チーズをちぎって入れたら再び蓋をし、餃子にきちんと火が通ったらできあがり! お好みで、パルメザンチーズやブラックペッパーをどうぞ。余った餃子はもちろん、できあいの餃子を使えば、アレンジレシピも簡単に作ることができますよ!

バジルチーズ餃子withトマト醤油ダレ

鶏ひき肉、たまねぎ、スイートバジル、にんにく、粉チーズ、ピザチーズ、オリーブオイル、塩こしょうを合わせて混ぜます。餃子の皮で包んで、焼き色が付くまで焼いたらできあがり!トマトジュース、醤油、タバスコを合わせたタレで頂きます。トマトのタレに加えて、具材に入れたバジルやチーズで、さらにイタリアン感がUPします!

作ってみたいアレンジ餃子

なす餃子

Photo by macaroni

薄切りにしたなすに、合いびき肉やキャベツなどを合わせた具材を挟んで焼いた餃子。いつもの麻婆なすに飽きたらぜひチャレンジしてみてくださいね。食べやすいので、おもてなし料理にも使えそう。タレの量を減らして汁気をなくせば、お弁当のおかずとしても活躍できます。

特集

FEATURE CONTENTS