ライター : pomipomi

会社勤めをしつつ、空き時間を利用してmacaroniのライターをしています。料理・創作・ヒュッゲ・沖縄が大好きな、湘南在住のグルメ女子です。YouTubeでは、簡単・おいしい・美しいをテ…もっとみる

パラパラのチャーハンを作るコツ7つ

これまで、あらゆる料理番組で取り上げられてきた「パラパラチャーハンの作り方」ですが、情報がたくさんありすぎて、結局どの作り方が一番いいのか分からなかったりしませんか? そこで今回は、これさえ押さえれば大丈夫という、チャーハン作りのコツをお教えしたいと思います。ポイントは、とにかく水分を飛ばすこと、また、水分を加えすぎないことの2点です。

1. ご飯は熱々のものを使用する

ご飯は冷たいご飯ではなく、温かいご飯を使用しましょう! 熱々のご飯で作るのがベストです。一番良くないのは、冷やご飯を温めずにそのまま使うこと。これはダマの原因になります。 また、冷凍ご飯を使用する場合は、ラップをせずに、レンジで加熱することで水分が飛びパラパラになりやすいです。 加熱し終わったら、バラバラになるように軽くほぐしておきましょう。くれぐれもラップをかけたまま加熱しないでくださいね。ラップの中に湯気が充満し、ご飯がベチャベチャになってしまいます。

2. 卵は白身と黄身を別々に

ご飯に卵を混ぜて、卵かけご飯の状態にしてからチャーハンを作る、というのはよく聞く話ですよね。ところが、卵を全卵のままご飯に混ぜ込んでいる方が多いようです。 卵は白身と黄身に分けて、順番にご飯と合わせましょう。まずは白身をしっかりとご飯に混ぜ込みます。卵白の持つタンパク質の成分には、ご飯ひと粒ひと粒をコーティングしてくれる役割が。ふわふわになるまでしっかりと混ぜることもポイントです。 その次に黄身を投入してください。見た目はまるで卵かけご飯。そのまま食べてしまいたくなりますが、ぐっとこらえてチャーハン作りに進みましょう。

3. フライパンをよく熱する

フライパンを強火でしっかり熱してから、油を入れましょう。 フライパンから煙があがるぐらいまで空焚きをしてから、油を入れましょう。フライパンやお鍋は、使用しているうちに表面に薄く油の層が張り付きます。しかし、洗うことでその膜が剥がれてしまうのです。 なので、強火で空焚きをしてから、少量の油を注ぐことで、表面の膜を再現するということです。

4. 油の代わりにマヨネーズを使う

炒める前に、ご飯にマヨネーズ大さじ2杯を加えよくかき混ぜます。混ぜたら、熱したフライパンに油をひかず、そのまま炒めましょう。 すると、マヨネーズに含まれる卵黄と、乳化された植物油が、ご飯をコーティングしてくれ、米粒のくっつきを防いでくれるんです。 また、マヨネーズのコクもプラスされて奥深い味わいになるという利点もあり、いいことずくめですね。

ITEM

キユーピー マヨネーズ

¥213

内容量:350g

※2018年6月7日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

5. ご飯を先に炒める

炒める順番も大事です。まずはご飯を先に炒めてください。油とご飯を絡めるように、素早く切るように混ぜ合わせていってくださいね。徐々にご飯がパラパラになってくるのが分かると思います。 料理人のようにフライパンを激しく振りたくなりますが、あまりやりすぎるとフライパンの温度が下がってしまうので、その点はご注意ください。 ご飯が炒まったところで、ネギやチャーシューなどの具材を投入してください。生のお肉など、火の通りの悪いものを使用する場合は、あらかじめ加熱するなどして下ごしらえをしておくとベストです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS