共立てスポンジ「ジェノワーズ」の作り方!手作りケーキを格上げしよう

ケーキの土台となるスポンジ「ジェノワーズ」。今回はその作り方や、いろんなフレーバーのレシピをご紹介します。ケーキ作りの基本ですので、覚えておいて損はありませんよ!基礎を覚えて、いろんな姿に応用してみましょう。

ジェノワーズとは

ジェノワーズとは、ケーキの土台となるスポンジケーキのなかでも、共立てという方法で作られたものを指します。共立てとは、卵を卵白と卵黄に分けずに混ぜる方法。ちなみに、共立ての反対は「別立て」といい、別立てで作られた生地は「ビスキュイ」と呼ばれます。

ジェノワーズの特徴

ジェノワーズは、きめが細かくしっとりとした食感に仕上がるのが特徴です。ショートケーキやロールケーキなど、ケーキの土台や生地として使われることがほとんど。スイーツによって共立てと別立てを使い分けられたら、かっこいいですよね!

ジェノワーズの基本レシピ

材料

・ 全卵      3個
・ グラニュー糖  100g
・ 薄力粉     90g
・ 無塩バター   35g

作り方

1. 深型ボールに全卵を入れ、ホイッパーでほぐしていきます。グラニュー糖を加えて、砂糖が見えなくなるまでホイッパーで混ぜて溶かしましょう。

2. ボールを湯煎にかけ、ホイッパーで混ぜながら卵液が人肌になるまで温めます。

3. ハンドミキサーで泡立て始め、全体が白く、気泡が細かくなり、つやが出始めたら中速に落として混ぜ続けます。ハンドミキサーの羽で生地をすくい、しっとりとしていればOK。ハンドミキサーを低速に切り替え、ボールの中で円を描くように混ぜていきます。

4. ふるっておいた粉を、全体に散らすようにふり入れます。ゴムベラですくい上げるようにして、混ぜ合わせましょう。ボールは手前に回しながら、ヘラは中から外へ、大きく生地を切るように手早く丁寧に混ぜるのがポイントです。

5. 湯煎にかけて溶かしたバターと牛乳、生地をゴムベラでひとすくい加え、混ぜ合わせます。4の生地の上に広げるように流し入れ、底から切るように手早く混ぜ合わせます。

6. オーブンでじっくりと焼き上げたら、完成です。

ジェノワーズのアレンジレシピ3選

1. ジェノワーズショコラ

基本のレシピにココアパウダーを混ぜ込めば、ショコラ風味のジェノワーズに仕上がります。ふわっと香るココアの風味が、絶妙ですよ。チョコレートケーキを作る際などに、ぜひ活用してみてください。

2. コーヒージェノワーズ

こちらは、基本の作り方にインスタントコーヒーを混ぜ込んだレシピ。ほろ苦い風味がたまらない、コーヒーフレーバーのジェノワーズです。チョコレートとの相性もばっちりです。

3. 抹茶ジェノワーズ

抹茶パウダーをプラスして、緑色が鮮やかなジェノワーズです。こんなスポンジケーキなら、ホイップクリームと合わせるだけでも美しいビジュアルに仕上がりますよ。抹茶クリームでデコレーションして、抹茶尽くしのケーキにするのも◎

ジェノワーズの活用レシピ3選

1. ロールケーキ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう