豆のうまみでほっこり♪メキシコ料理「フリホーレス」のレシピ

みなさんは「フリホーレス」と聞いて、何を想像するでしょうか。メキシコの定番料理で豆を塩茹でしたもののことで、日本ではブリトーなどに入っていることも。あまり身近には感じませんが、実はとても簡単に作れて本場の気分が味わえる料理なんですよ。

2019年3月6日 更新

フリホーレスってなに?

「フリホーレス」というものをご存知でしょうか?実は、料理の名前なんです。正しくは「フリホレス」と発音するようですが、メキシコ料理でインゲン豆を塩茹でしたものをこう呼びます。

日本ではあまり馴染みがないせいか、インゲン豆に限らず豆を茹でてペースト状にしたものを主に「フリホーレス」と呼んでいるようです。ペースト状のものは正しくは「フリホレス・レフリトス」。英語でいうところの「ビーン・ディップ」のことです。

なんとなく想像ができましたか?日本食といえば、ご飯と味噌汁ですよね。メキシコ料理の定番といえば、トルティーヤとフリホーレスなんだそうです。メキシコ料理を語るうえで欠かせない料理なんですね。そんなフリホーレスをご紹介していきます。

フリホーレスの基本レシピ

フリホーレスの作り方はとってもかんたん。基本の作り方をマスターしていろんなアレンジを楽しんでみてください。いんげん豆で作るパターンが多いようですが、金時豆やひよこ豆などお好きな豆で作ってみてもいいですね。

材料

・豆:200g
・たまねぎ:1/2個
・ベーコン:30g
・にんにく:1片
・塩:適量
・オリーブオイル:適量

作り方

下ごしらえ
前日の夜から、豆を水に浸しておきましょう。

1.玉ねぎ、ベーコン、にんにくはみじん切りにしてオリーブオイルで炒めます。

2.吸水させた豆は、2,3度茹でこぼしながら柔らかくなるまで煮ましょう。

3.鍋に茹でた豆、1で炒めた材料を入れ、全体がかぶるほどの水を入れたら潰しながら煮ていきます。

4.すこしとろみがついたら最後に塩で味をととのえ、汁気がなくなったら完成です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう