まろやかな風味の虜!英国王室御用達「マルドンの塩」で料理の腕がグッとアップ!

英国王室御用達「マルドンの塩」を知っていますか?昔ながらの製法で作る海塩はやわらかい味で、肉や魚の味つけにはもちろん、サラダやパンにも重宝する便利な調味料なんです。どのように作られているのか、みんなの使い方のアイデアなどご紹介します。

2019年3月4日 更新

今後ブームの予感「マルドンの塩」

よく料理の味は塩で決まる、などといわれたりしますが、「マルドンの塩(マルドンシーソルト)」というものがあるのをご存じですか?イギリスの塩で、2012年に英国王室御用達の塩としても認定された商品です。

世界中の有名なシェフが愛用しており、「塩の芸術品」とも呼ばれているマルドンの塩。でも、私たちが日常の料理に使っても、その味の違いがわかりやすい満足度の高い商品なんです。

英国王室御用達のマルドンの塩

近年になって英国王室御用達として名を上げたマルドンの塩ですが、日本でいうならば「宮内庁御用達」のようなものです。日本では、お店側が「御用達です」と自由に名乗っても構わないのですが、日本と違ってイギリスでは王室許可制となっており、しっかり認定を受けなければ「英国王室御用達」と名乗ってはいけないんですって。この点で、日本より制度がしっかり確立されています。

どうやって作られるの?

マルドンの塩の歴史は古く、200年以上も前から伝統的製塩方法を受け継いでいます。イギリスの東部、エセックス地方で塩の生産に従事しつづけているのが「マルドンクリスタルソルトカンパニー」です。
塩分濃度の高い海水をくみ上げ、ろ過をしたのちに平釜で15~16時間煮詰めます。小さなピラミッド型の結晶が鍋の底に沈殿し、水分がほとんど蒸発してから結晶を特製の熊手で鍋のまん中に集めます。その後乾燥の工程を経て、純度の高い、中がからっぽになった透明なシーソルトができあがるのです。
海水のみを原材料にしており、マイルドな旨みとすきっとした後味、サクサクした食感が特徴で、ふつうの塩と比べると確かにお値段は上がりますが、それだけの価値があるものです。

種類

シーソルト

まろやかな風味とサクサクした味わいが人気のシーソルトです。料理のジャンルは関係なく、素材のよさを最大限に引き出してくれる心強い調味料です。

シーソルトスモーク

上記のシーソルトをスモーク(くん製)したものが、こちらの商品です。イングリッシュオーク(ナラの木)で丁寧にスモークしました。ピラミッド型の美しい結晶とサクサク食感のよさはそのままで、スモーキーな香りの高い、奥深い風味をさらに増したひと品です。

魚や肉の味つけにはピッタリのマルドンの塩、ぜひ一度は使ってみたい調味料です。

おすすめの使い方

野菜にパラリ

マルドンの塩を野菜にパラリとかけるだけで味わい深くなり、旨みがぐんと増します。これはすぐできますし、サラダを楽しむのにはうってつけです。黒コショウやワインビネガー、オリーブオイルと一緒にぜひ使ってみてくださいね。トマトにかけても合いますよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう