ローディング中

Loading...

和食から洋食、お肉に魚介類まで、いろいろなお料理の味付けに便利!と話題になった塩麹。塩麹は手軽に買えますが、ご家庭で手作りもできます。いまだ塩麹を使ったことのない方も、結構使っているという方も、改めて塩麹の魅力に注目してみませんか?

なんだかよさそうな塩麹

素材の旨味を引き出し、ダイエットや健康によいと話題になった塩麹。どんな食材とも合わせやすく、ぬって焼くだけでもお料理がおいしく仕上がります。漬け込んで下味をつけた塩麹唐揚げは、大好きな人も多いのでは?

今では知っている人もたくさんいる塩麹ですが、話題になって気になっていたものの、まだ実際に使ったことがなく、どうやって使うのかよくわからないという方もいるかもしれません。簡単に使えて、お料理をぐっとおいしくしてくれる塩麹、よかったらぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも塩麹って?

麹は、カビの一種である麹菌を米に繁殖させたもの。塩麹は、その麹と塩、そして水を混ぜ発酵、成熟させた調味料です。お肉や魚介類などは、塩麹につけ込んでおくと柔らかくなり、旨味やコクもアップします。

素材を柔らかく旨みが増す塩麹

塩麹に含まれるアミラーゼという酵素は、デンプン質を分解して甘み成分であるブドウ糖に変えます。これによって、素材の甘みが増すのです。また、もうひとつの酵素成分、プロテアーゼという酵素酵素は、タンパク質を分解し旨味成分であるアミノ酸を作ります。これは、お肉を柔らかくする効果があります。

塩の代わりに塩麹!

酵素たっぷりで体にもよく、料理もおいしくしてくれる塩麹ですが、お料理にどのように取り入れられたらよいか分からないという方も多いのではないでしょうか。塩麹を上手に使うポイントとしては、塩の代わりに塩麹を使うことです。

塩麹のレシピでなくても、塩を使ったレシピであれば塩と記載されている部分を塩麹に代えるだけでOKです。元々の味を損なうどころか、塩麹の味がいっそうお料理をおいしくしてくれますよ。

ただし、塩麹は塩よりも塩味が弱いため、塩の代用として使う場合は塩の分量の約倍量使うとよいでしょう。ですが、少量でも塩麹ならではの風味と甘みをたのしむことができます。お好みに応じて、様子を見ながら少しずつ加えていきましょう。

塩麹の作り方

それでは、塩麹の作り方とポイントをご紹介します。最近は、スーパーなどでも塩麹の既製品が販売されていますが、手作りした塩麹はおすすめです。簡単につくれますので、ぜひ作ってみてくださいね。
塩麹をつくる為に必要な材料は、米麹、水、塩のたった3つです。塩麹を初めて作る方に、作りやすい基本の分量をご案内します。3つの素材の分量は、米麹(乾燥): 水:塩 = 4 : 3.5 : 1くらいがよいでしょう。一度作ってみて、お好みでそれぞれの分量は調整してみてくださいね。

健康の為に、塩の量を控えめにしたいという方もいらっしゃるかと思いますが、塩の量を減らしてしまうと塩分濃度が低くなりますので、腐敗しやすくなります。塩分濃度は35%くらいが、麹の風味と甘みを引き出す、ちょうどよい分量。

作り方

1 米麹をボールに入れます。
2 1に塩を加え、まんべんなくかき混ぜます。
3 2に水を加えます。
4 水を手ですり合わせるようにして、よく馴染ませます。
5 よく混ぜ合わせたら、保存容器に移します。保存容器は何でも構いませんが、透明の容器を使うと、塩麹の発酵具合を確認しやすくなるのでおすすめです。
6 保存容器に移したら、常温で一週間〜10日程保管し、発酵させます。

神経質になる必要はありませんが、発酵中は毎日1回、全体をかき混ぜましょう。麹がふっくらと柔かくなり、ほんのり甘い香りがしてきたら、塩麹ができ上がった合図です。完成後は、それ以上発酵が進まないように冷蔵庫へ入れて保存しましょう。

塩麹の保存期間

でき上がった塩麹は冷蔵庫で保管し、半年を目安に使い切りましょう。ドア付近は冷蔵庫の扉を開封する際に参加しやすいため、できれば冷蔵庫の中央の方で保存がのぞましいでしょう。

塩麹の使い方【鶏肉】

次に、塩麹を使ったレシピをご紹介。使う材料によって、それぞれおいしく仕上げるポイントがありますので、あわせてご紹介します。

使い方のポイント

少々硬いお肉も、塩麹の力で柔らかくてジュージーなお肉に変えてくれますよ。塩麹の量はお肉の分量に対して、約10%の量が目安です。

鶏胸肉
鶏むね肉はそぎ切りにし、塩麹に10分以上漬け置きします。パサパサになりがちなむね肉が、しっとりと柔らかくなります。味もしみやすくなるため、普段の半分程度の調味料でもしっかり味がつき、塩分や糖分を控えめにできます。

鶏もも肉
鶏もも肉もも肉は塩麹に漬けてから30分以上置くとよいでしょう。十分漬け込んだもも肉は、その他の調味料を加えなくてもおいしくいただけます。

鶏胸肉の唐揚げ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【シーン別】ピリ辛「豚キムチ」に合う献立7提案

キムチ 豚肉 レシピ まとめ

辛旨い「豚キムチ」の献立をご提案!シチュエーションに合わせた献立で、あなたの晩ごはんの悩みを解消いたします。お腹いっぱいなボリューム献立から野菜たっぷりでヘルシー献立、時短も節約だってばっちりです。子ども向け…

お皿の上にとろ〜り出現…!簡単「おばけミートボール」でみんなが笑顔に♩

ミートボール レシピ ハロウィン

ハロウィンのディナーはなにを作ろうか、今から悩んでいる方もお多いのでは?今回はミートボールとスライスチーズがあれば作れる、ハロウィンディナーにぴったりな「おばけミートボール」の作り方をご紹介します。

基本をマスター!ポークビーンズの実践レシピ&時短テク

レシピ

大豆を使った定番トマト料理、ポークビーンズ。豚肉入りのポークビーンズは、トマトの甘みと酸味、大豆のホクホク感がおいしいレシピ。給食で食べた印象がある人も多いようですね。ポークビーンズの上手な作り方をご紹介。バ…

スイートポテトの基本レシピをプロが伝授!レンジ&トースターでも本格味♩

スイートポテト さつまいも スイーツ おやつ レシピ

さつまいもの人気スイーツ「スイートポテト」を、レンジとトースターを使って簡単に作ってみませんか?生クリームを使った基本のレシピやプロの味に近づけるコツ、いろんなアレンジをご紹介します。まったりと甘く口当たり滑…

禁断の隠れヒット商品!? 成城石井「スターブレッド」がパン界一のフワフワっぷり♩

パン

成城石井の「スターブレッド(STAR-BREAD)」という商品が、SNSで密かにブームになっているんです♩水の代わりにミルクを使った、ふわふわ食感のパンなんですよ!その人気の秘密を、おすすめの食べ方とともにご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

時間がなくてもOK!「シーチキンご飯」の人気レシピ10選

缶詰 レシピ まとめ

忙しくて料理する時間がない、時間はあるけどめんどくさい。そんな方に人気なのがシーチキンご飯のレシピ!シーチキンがあれば旨味たっぷり、おいしいご飯ができますよ!今回はアレンジレシピも10点ご紹介。さっそくツナ缶…

有名ブロガー「JUNA」さんの作る幸せご飯が素敵♡和食レシピまとめ

レシピ おしゃれ 和食 まとめ

有名なブロガーで、レシピ本も多く出版している「JUNA」さん。彼女の作る家庭料理が素敵すぎると大人気なんです♡家族の幸せを考えているのがとってもよくわかるお料理はどれも美味しそう!今回は和食料理のレシピをご紹…

シャキシャキキャベツを楽しもう♪「沼春巻き」おすすめレシピ7選

レシピ まとめ キャベツ

キャベツをたくさん使った「沼サン」が人気になりましたが、今度はキャベツをたくさん入れた「沼春巻き」が話題だそうです。そんなヘルシーな春巻きのレシピをご紹介します。キャベツには疲労回復や抗ストレス効果、美肌効果…

美味しいマドレーヌを作りたい!基本からアレンジマドレーヌのレシピまとめ

マドレーヌ レシピ まとめ

フランスの焼き菓子の1つマドレーヌ。あまりにも有名ではありますが時折「無性に食べたい!」となることはありませんか?この記事ではそんな時のために基本のマドレーヌのレシピからアレンジレシピまでをご紹介します♪

お弁当にもおすすめ「肉巻きおにぎり」のアレンジレシピまとめ

レシピ まとめ おにぎり

ご飯にお肉を巻き、オーブンでじっくり焼いた肉巻きおにぎりはお弁当にもおすすめ!宮崎県発祥のご当地ファーストフードでしたが今ではすっかりその知名度が上がっています。今回は肉巻きおにぎりのアレンジレシピをまとめま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

連載記事

く、黒すぎる…!松崎しげる監修「黒いポテリッチ 黒胡椒味」に悲鳴続出

黒すぎるパッケージが目を引く「黒いポテリッチ 黒胡椒味」が2017年9月4日(月)に発売されました!「黒」の代名詞になりつつある松崎しげるさんが監修したひと品。力強い歌声のようなパンチの効いた味なんでしょうか…

パルムにちょい足し!簡単アレンジでリッチなおうちカフェメニューに♩

チョコレートとミルクアイスのシンプルな味わいが魅力のパルム。さまざまなお菓子やお酒と相性がよく、誰でも手軽におしゃれなアレンジを楽しめるんですよ!macaroniでも3種類のアレンジに挑戦。作り方のコツや味わ…

切り方のコツも伝授!「マスカットサンド」のじゅわっと秋感じるレシピ♩

フルーツサンド サンドイッチ レシピ

秋になると、よく見かけるマスカット。そんなマスカットを贅沢にフルーツサンドにしたレシピがInstagramで大流行中!ということで、今回は「マスカットサンド」の作り方をご紹介します。サンドを切るときのコツもお…

ページTOPに戻る