【特集あんころ餅】金沢の老舗和菓子からお家で作れる基本レシピまで

江戸時代から食べられている「あんころ餅」の歴史やカロリーの話まで徹底解説していきます。金沢和菓子の老舗「圓八」や伊勢土産の定番「赤福」など、有名店の店舗情報をピックアップ。さらにご家庭で簡単に作れる白玉粉を使ったレシピも掲載していますよ。

2019年6月27日 更新

店舗情報

【三重県】伊勢土産の定番「赤福(あかふく)本店」

お盆にふたつずつのったあんころ餅のお皿とお茶、お箸

Photo by Snapmart

赤福盆(番茶つき) 2個 210円(税込)

伊勢名物の赤福。創業は宝永4年と、歴史のある老舗です。もち米は国産のもち米のみを使用しています。材料のもち米は、うるち米が混ざらないよう専用の団地で栽培されたものしか仕入れないという徹底ぶり。そして重要なあんこは、すべて北海道産の小豆を使用しているという、こだわりぬいたひと品です。

実店舗は三重県伊勢市にある本店のほか、愛知県や大阪府にも。京都駅各所の売店や各地のサービスエリアでも購入できますよ。

店舗情報

白玉粉で簡単!あんころ餅の作り方

白玉粉を使って、手軽に簡単にあんころ餅を作ることができますよ。

白玉粉に小さじ2杯程度の砂糖(レシピ分量外)を加えておくと、できあがってから硬くなりにくくなりますよ。ゆで上がった白玉団子は、冷水に取り上げるとベスト!

ゆで方のコツは、2〜3分ゆでて白玉が浮いてきたら、追加でもう1分ゆでて取り上げること。硬さを均一にするためにも、白玉団子をできるだけ均一なサイズにしておきましょう。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう