幅広の平打ちパスタ!「タリオリーニ」の意味とレシピを知ればイタリア通

濃厚なソースとよく合う平打ちパスタ「タリオリーニ」。どんな意味で、どんなレシピがおすすめかご存じですか?タリオリーニの詳しい意味、調理のコツ、アレンジレシピなど、北イタリアのパスタについて詳しくお伝えします。

■タリオリーニとは?

タリオリーニって何でしょうか?タリオリーニとはパスタの一種で、主に北イタリアで作られているパスタです。

イタリア中部から北部にかけては、川流域の豊かな平野で軟質の小麦がとれます。タリオリーニは、その小麦粉と卵、オリーブオイル、塩から作られています。形は幅2~3ミリほどの平打ちパスタで、食べると噛みごたえがあり、ソースとのからみ、のど越しもよいのが特徴です。

言葉の意味

イタリア語で“切る”を意味する言葉を、タリアーレ「Tagliare」と言います。タリオリーニは、この「Tagliare」を語源としています。フェットゥチーネ (fettuccine) と呼ぶ地域もあるそうですが、フェットゥチーネはタリオリーニよりも幅広です。

タリオリーニとリングイネの違い

リングイネは断面が楕円形のロングパスタ。平打ち麺であるタリオリーニとはここが違います。ちなみにリングイネの語源は「小さな舌」というイタリア語です。モチモチとした食感で、濃厚なソースとの絡みが抜群です。

タリオリーニの調理のコツ

茹で方

タリオリーニが生パスタの場合は、くっつきを防止するため、お湯に入れる前に必ずほぐします。ゆで時間は沸騰したお湯で、3分間を目安にしましょう。また、タリオリーニを投入後再沸騰するまで適度にかき混ぜ、再沸騰したら、そのまま。塩は、お好みで2リットル以上のお湯の中に1%以内の分量を加えます。

・調理のポイント

一度にゆでるのは2人前、お湯をかえずにゆでる回数は2回までにすると、おいしくゆで上がります。ゆであがった後はとにかく早く!

ソースはタリオリーニをゆでる前に調理して、簡単にあえる程度。それ以上はパスタに火を通してはいけません。盛り付けに時間をかけず、できあがった料理をすぐに食べること。これがポイントです。

保存方法

生パスタをすぐに食べない場合は、冷凍保存がおススメです。約2ヶ月くらいの保存が可能ですよ。

タリオリーニのアレンジレシピ

ウニのタリオリーニ

強力粉、セモリナ粉をボウルに入れ、卵黄とトマトペーストを加えたら、水分を行き渡らせる様に合わせていきます。台でザラザラ感がなくなるまで捏ね、ラップに包んで冷蔵庫で1〜2時間ほど寝かせたら、パスタマシーンで厚さ2㎜に伸ばして幅2㎜でカットします。打ち粉をふるいましょう。沸かしたお湯に塩を入れておき、冷たいフライパンにオリーブオイルやニンニクなどを入れたらパスタの茹で汁、みじん切りのフルーツトマトを加え、中火で乳化。タリオリーニをゆで、フライパンに生クリームとウニを入れたら、タリオリーニを加えて絡めます。塩で味を調えれば完成です。

鮭とズッキーニのタリオリーニ

にんにく、たまねぎ、ズッキーニ、舞茸を適当な大きさに切っておきます。 皮と骨を取り除いた鮭に、酒か白ワインをかけておきます。フライパンにオリーブオイル、にんにくをいれて弱火にし香りを出したら、たまねぎ、ズッキーニ、舞茸を入れて炒めます。鮭を崩しながら入れ、生クリーム、パルミジャーノ、乾燥イタリアンハーブミックスを入れて煮ます。タリオリーニをゆで、フライパンに入れて混ぜたらプチトマトを飾り、上からパルミジャーノをかければできあがりです。

特集

SPECIAL CONTENTS