ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

西京味噌とは?

Photo by 3種類の味噌の盛り付け

西京味噌はどんな味噌?

淡黄色で、甘みがある「西京味噌」。京都などの一部地域を除いては、あまりなじみがなく、「西京漬けに使われれいる味噌」というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。約200年前に京都で生まれた「西京漬け」は、京都御所の用命をうけ、宮中用の味噌を作り、献上したのがはじまりだそうです。 西京味噌の「西京」は、東の都の東京に対し、西の都の意味で京都の呼び名として使われていました。京都の味噌なので「西京味噌」と呼ばれるようになったようです。たっぷりと米麹を使った、甘くて減塩のヘルシーな西京味噌は、まさに京都の食文化を代表する素材のひとつですね。

西京味噌と白味噌の違い

西京味噌と白味噌。このふたつは違う味噌であると思われがちですが、実は同じ味噌なのです。京都生まれの白味噌のことを「西京味噌」と呼ぶことが多いのだとか。 京都府味噌協同組合では、西京味噌の定義が定められています。 ・組合が認定する材料を使用している ・京都府内で作られている ・組合から品質の認定を受けている ・低塩の甘口の白味噌である 以上の条件を満たした商品が、西京味噌とみなされます。

西京味噌の代用はできる?

西京味噌は、合わせ味噌などで代用ができるのでしょうか。白味噌を使った味噌汁を作る場合などは、見た目の問題もありむずかしいかもしれませんが、西京漬けで使用する場合は、合わせ味噌でも代用が可能です。

西京味噌を合わせ味噌で代用する場合は、砂糖、みりん、塩(もしくは醤油)を合わせ、味噌に混ぜてください。手作りのよいところは、お好きみの甘さに調節できることですね。それぞれお好みの味わいがあると思いますので、味見をしながら調節してみてください。

西京味噌の作り方

やさしい味わいを楽しめる、西京味噌のレシピです。圧力鍋を使うことで、煮込み時間を短縮することができます。米麹を加えると、繊細で奥深い味わいに仕上がります。手作りならではのおいしさです。

西京味噌を上手に活用!アレンジレシピ7選

1. 大人の味。西京味噌とふきのとうのパスタ

ふきのとうとパンチェッタを具材にして、西京味噌とチーズで味付けをするクリームパスタです。パンチェッタの塩気と、ふきのとうのほんのりとした苦味はバランスがよく、大人が楽しむパスタです。西京味噌のコクとチーズのまろやかさがパスタによく絡みます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ