ライター : pippipippi2

美味しいものにアンテナたててます。姪っ子が作った料理をもりもり食べてくれるのが最近の生きがいです。

ごはんがすすむ!西京漬けとは?

香ばしい香りに思わずごはんがすすむ、永遠のごはんのおとも、西京漬け。主に関西でよく使用される甘みが強い白味噌、西京味噌を使って漬けることから西京漬けと呼ばれています。 ひとことに西京漬けといっても、魚や鶏肉、豚肉や牛肉など、漬け込む食材に決まりはないので、味噌床さえあればお好みでアレンジできるのもうれしいところ。 今回は基本の西京漬けの作り方や豚肉、牛肉を使ったさまざまなアレンジ西京漬けまで、白いごはんが止まらなくなる、絶品レシピをご紹介します。

西京漬けの基本のレシピ

材料

・お好みの魚(白身魚がおすすめ)……2切れ ・白味噌、または西京味噌…… 100g ・お酒……大さじ1/2杯 ・みりん……大さじ1.5杯 ・塩……適量 ・ガーゼ(漬け込むときに使用)

作り方

1. お好みの魚に塩を振り、30分~1時間おいて水分が出てきたらふき取ります。 2. 味噌床は白味噌・お酒・みりんを混ぜ合わせ、平らな保存容器に半量を薄く敷き、ガーゼをのせて魚を並べます。さらにガーゼをのせて残りの味噌を平らに伸ばし、ラップかふたをして冷蔵庫でひと晩寝かせます。

焼き方

焼くときはまわりの味噌をしっかりぬぐわないと、焦げてしまい、真っ黒になることも……。しっかりと味噌をとったら中火のグリルで焼きましょう。かといって、洗う必要はありませんのでご心配なく!火力の調整がむずかしかったり焦げやすい場合は、アルミホイルをかぶせて、直火に当たらないようにすると◎

フライパンで焼く場合

フライパンで焼く場合は、魚焼き用ホイルシートやクッキングシートを敷いて皮目から焼くようにしましょう。皮目に火が通ったら裏返し、焼いていきます。外側に火が通って焼き固まったら蓋をして、中まで火を入れていきましょう。 直火でないからといって強火ですぐに火を通そうとすると焦げてしまいます。弱火でじっくりと、気長に火を入れていきましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS