ローディング中

Loading...

赤く可愛らしい小さな実をつける「コケモモ」。北欧ではジャムやソースにして食べあるのが定番です。甘酸っぱい味がパンはもちろん、お肉料理とも相性抜群!また、日本でもポイントを抑えれば育てられますよ。今回は栽培方法やジャムの作り方をご紹介します。

コケモモとは?

コケモモとは、主にユーラシア大陸や北アメリカなどの森林に生育する、ツツジ科の低木になる赤い小さな果実です。北欧に住む人たちにとっては身近な食材であるコケモモは、ジャムやソースにして食べるのが一般的。郷土料理のクロップカーカ、ピッテパルト、ソーセージやロールキャベツの付け合わせに使用されるなど、毎日の食卓メニューには欠かせない食品です。

また、コケモモからの改良種で「リンゴンベリー」や「カウベリー」といった果実があります。日本名ではコケモモですが、日本で自生しているものとは別の物です。酸味が強くそのままでは食べづらいため、甘く煮てパンケーキや肉料理の付け合わせに使われます。

シャーベットやジュースにしても爽やかな甘さでおいしく、デザートにもピッタリです。

コケモモとクランベリーの違い

コケモモはクランべリーと形や味がよく似ているので間違われやすいのですが、花の色もコケモモは白、クランベリーはピンクであり、果実の大きさも多少違います。コケモモと同じような果樹として分類されるのは、ビルベリー、ブルーベリー、ハックルベリーなど。
 
クランべリ―は日本名でオオミツルコケモモ。アメリカ北東の湿地帯に多く自生している低木の果実で、アメリカとカナダでの栽培が盛んです。コケモモと同じようにに酸味が強い果実のため、生で食べるよりもジャムやソース、果実酒、ケーキなどに使用されることがほとんどです。

クリスマス料理に七面鳥を焼きますが、そこにクランベリーソースを付け合わせるスタイルは定番です。

コケモモの味と特徴は?

コケモモは日本では北海道から九州までの高山地域の針葉樹林帯に自生しています。1cm弱の小さな果実は熟すと赤色の可愛らしい見た目になります。

酸味が強いのが特徴で、味・食感ともに酸っぱいりんごに似ています。そのまま食べてもいいのですが、多くの人にとっては酸っぱくて食べづらいと感じられるはず。甘くしてジャムにするとよいでしょう。とても爽やかな味わいになり、トーストやヨーグルトにかけて食べるのがおすすめです。

北欧ではお馴染みのリンゴンベリージャム

北欧家具を取り扱うIKEAのフードメニューで一躍有名となったリンゴンベリージャム。ミートボールのソースとして使われています。皆さんも、食べたことはなくても名前だけなら聞いたことがあるのではないでしょうか。

コケモモの改良種であるリンゴンベリーは、スカンジナビア料理ではジャムやソースとしてひんぱんに使用われる、暮らしに欠かせないものです。ここからはリンゴンべリー(コケモモ)ジャムの簡単な作り方をご紹介します。

リンゴンベリージャムとは?

リンゴンベリー(コケモモ)は保存が容易なため、ジャムにされるのが一般的です。栄養素も高くビタミンCが豊富なため多くの料理に使用されます。ブラッドソーセージやロールキャベツ、クロップカーカ、ピーテパルトなどのお肉料理と相性がよく、付け合わせとして添えられることが多くあります。北欧の伝統料理には欠かせない存在といえるでしょう。

また、北欧でもよく食べられるオートミールには、砂糖のシロップやシナモンと共にリンゴンベリージャムが用意されるそうです。最高品質のリンゴンベリーは生のままでも食べることができます。ジャムにする際も加熱せず、砂糖と生のリンゴンベリーを混ぜるだけのシンプルなものも存在します。

コケモモのジャムの作り方

コケモモ・リンゴンベリーのどちらかが手に入ったらぜひジャムを手作りしてみましょう。とくに面倒な下処理もいらず、砂糖とレモン汁だけで手軽に作れますよ。
定番のイチゴやリンゴのジャムよりも酸味がきいていて、とても爽やかな味わいが楽しめます。パンやケーキ以外にもお肉料理や揚げ物料理とも相性が良いため、レシピの幅が広がります。いつものお料理に添えるだけで、あっという間におもてなし料理に大変身!ぜひ試してみてくださいね。

コケモモを栽培するには

北欧など寒い地域で自生しているコケモモは土壌と水やりに注意を払えば日本各地でも栽培できます。

その際は酸性の土に植え付けることがポイント。また、寒さに強い反面、夏の暑さには非常に弱いため、風通しと水はけをよくしましょう。

時期としては12~3月に苗を地植え・鉢植えにするのがおすすめです。地植えの場合は富士砂や桐生砂など水はけのよい土を混ぜ込んでおくとこと。鉢植えはピートモスやベリー専用の培養土を使用しましょう。

土が乾いていたらたっぷりとお水を与えます。特に夏は土がすぐに乾燥してしまうので、朝と夕方の2回与えてください。

痩せた土地でも育ちやすいコケモモは、肥料もそこまで必要ありません。春と秋の年に2回ほど、液体肥料を与えるだけで十分元気に育ちます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。普段なかなか見かけることの少ないコケモモでしたが、お料理の幅を広げるためにもジャムを取り入れたり、手作りしてみたいですよね!憧れの北欧ライフスタイルに近づくためには、この「コケモモ」は要チェックな果物ですよ!

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

食べ放題も個室もランチにだって!新宿で人気の焼き肉店15選

有名店の焼き肉屋が集まる街、新宿。今回その中でもおすすめ店を厳選してご紹介します!デートにぴったりな個室のあるお店やお腹いっぱい楽しめる安いお店まで、シーン別に選べるお店を豊富に揃えました。ディナーはもちろん…

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

【とっても美味しい】岐阜の郷土料理「鶏ちゃん焼き」のすすめ

岐阜の郷土料理である鶏ちゃん焼きをご存知ですか。 今、ひそかにブームとなっている「鶏ちゃん焼き」の魅力についてまとめてみました。 鶏肉とキャベツ、玉ねぎや人参を味噌で炒めた家庭料理。 ぜひ鶏ちゃん焼きを知って…

【花子とアン】赤毛のアンのレシピ大特集

赤毛のアンには作中に様々な料理が登場します。 登場人物たちが美味しそうに食べる様子に自分も食べられたら!と思った方必見! 赤毛のアンレシピをまとめました。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

連載記事

皮がパリパリ♩冷めてもおいしい『基本の春巻き』レシピ

こんがりきつね色に揚がった春巻き、大人も子どもも大好きですね!今回は、そんな春巻きの具の炒め方、巻き方のポイントのおさらいです。しっかりと基本をおさえて、冷めてもおいしいパリパリ皮の春巻きを習得しましょう!

今年はこれできまり!「ツリーパン」でクリスマスの食卓をかわいく飾り付け♩

もうすぐクリスマス……。当日何を作るか、もう決まっていますか?パンをツリーに見立てる「ツリーパン」を今年は作ってみてはどうでしょう?基本のレシピやアレンジ、そのほかの食べ物でできるツリーのアイデアもご紹介しま…

「サンタおにぎり」のかわいすぎるレシピ11選。赤い帽子に胸キュン必至♩

クリスマスといえばチキンやケーキが定番ですが、最近では「サンタおにぎり」に注目が集まっているようですよ。今回は、基本的なレシピからアイデアレシピまでたっぷり11選をご紹介。キュートなサンタおにぎりで、クリスマ…

ページTOPに戻る