ライター : yuitoss

フリーライター

美容に関する記事を書くことが好きです。

日持ちするジャムにして♪ 人気レシピ3選

1. 基本のさくらんぼジャム

基本のさくらんぼジャムレシピです。500gのさくらんぼを使って、小さめの瓶2つ分ほどできあがります。甘酸っぱいさくらんぼのジャムは、手間暇はかかりますがとても贅沢な味。丁寧に種とアクを取って入念に仕上げるのがポイント。

2. 紅さやかで色鮮やかに

紅さやかは「佐藤錦」と「セネカ」を交配させた、新しい品種のさくらんぼ。やや強めの酸味と甘さが凝縮しています。熟してくるとアメリカンチェリーのように赤紫色になるので、ジャムを作ると色鮮やかな色に仕上がります。お好みの固さになるまで、煮詰めていきましょう。

3. オレンジキュラソーを加えて

基本のさくらんぼジャムにオレンジキュラソーを加えて、少し風味を付けたジャムです。鍋で煮るときは、かき混ぜながらことこと煮ていきましょう。旬が短いさくらんぼは傷むのも早いので、ジャムにするとながく楽しめますよ。

糖度が低くそのまま食べられる!人気コンポートレシピ3選

4. 簡単コンポート

簡単にできるさくらんぼのコンポートです。ジャムと作り方は同じですが、煮つめる時間は10分ほどです。ジャムよりも実の食感や風味が残っていて、糖度が低いので、そのまま食べることもできます。 ヨーグルトやアイスクリームに添えたり、ゼリーなどいろいろなお菓子に活用することもできますよ。

5. 日本酒で

日本酒を使ったさくらんぼのコンポートです。日本酒だと酒の風味が強そうなイメージですが、アルコール分は飛ばすのでお酒のにおいはまったく気になりません。 水は全く使っておらず、さくらんぼと砂糖をまぶしておくと、さくらんぼの果汁がたっぷりしみだしてきますよ。

6. 白ワイン煮

さくらんぼの白ワイン煮です。生で食べてもおいしいさくらんぼですが、白ワイン煮にすると大人のデザートに。 白ワイン、水、グラニュー糖は、さくらんぼの重量の半量で、覚えやすいのも◎煮汁を炭酸水で割って飲んだり、ゼリーを作るのもおすすめ。煮えたら急冷すると、美しい色に保つことができますよ。

特集

FEATURE CONTENTS