さくらんぼの旬の時期はいつ?山形・北海道・アメリカなど地域別に紹介

真っ赤な粒がかわいく、甘酸っぱいさくらんぼ。初夏から夏本番にかけて旬というイメージがありますが、地域ごとの詳しい旬の時期は御存じでしょうか。ここでは、主だった産地の旬、さくらんぼ狩りにおすすめの時期などを紹介していきます。

2018年5月24日 更新

さくらんぼが一番おいしい時期は?

さくらんぼの旬の時期というと、思い浮かべるのは初夏の5月下旬あたりから梅雨の時期にかけてではないでしょうか。本格的な夏が始まる前に食べるフルーツという印象がありますよね。

品種によっても異なりますが、さくらんぼ全体でいうと旬は5月後半から7月初旬にかけてといったところ。さくらんぼは長期保存には向かないフルーツで、収穫してから2、3日程度が食べごろだといいます。

そのため市場に出回っているさくらんぼはもう食べごろであることがほとんど。品種や栽培方法によっては通常の旬の時期より早めのものもあるかとは思いますが、どれも買ってすぐにおいしく食べられるはずです。

地域によっても差がある

山形

山形といえばさくらんぼの一大産地ですよね。とくに有名なのが「佐藤錦」という品種。「赤いルビー」とも呼ばれる佐藤錦は粒が大きくハリと艶があるのが特徴で、市場では化粧箱に入れられて販売されていることも多い高級なさくらんぼです。

佐藤錦は数ある品種のなかでも流通期間は割と長いのでこれを基準にすると、山形のさくらんぼの旬はだいたい5月中旬から7月中旬にかけてといったところでしょう。市場に早く出回っているものほど高価なことが多く、落ち着いてくるのはシーズン後半になってから。安くておいしいさくらんぼを食べるならシーズン後半が狙い目です!

山梨

山梨も山形とほぼ同様のタイミングで旬を迎えます。山梨県で栽培されている希少な品種「豊錦」のような早生種は5月末ごろが旬の時期といわれています。甘さは佐藤錦に劣るものの、熟れた豊錦の果肉の味は佐藤錦に引けをとらないといわれています。

ほか、佐藤錦系のさくらんぼは6月頭ごろから旬を迎えます。だいたいどの品種も収穫し始めてすぐのものより、シーズン後半のさくらんぼのほうが濃厚で甘みが増しておいしくなるんだとか。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう