海藻の王様「ふのり」!知られざる効能と人気レシピ4選

その昔、糊やシャンプーの代わりに使われていた、海藻の王様「ふのり」のレシピと知られざる効能についてご紹介します。あまり馴染みない食材かと思いますが、さまざまな効能があるとされ、味噌汁やうどんなど、食べ方も多用なんです!

2019年2月20日 更新

ふのり豆腐

ふのりは水に2分つけたら洗って水気を切ります。土鍋に豆腐を8等分して入れ、そこに、ふのり、水、白だし、みりんを加えたら蓋をして煮ます。アクを取って1〜2分煮たら小葱を乗せ、上からすりおろし生姜をたっぷりとふりかけたら完成です。

ふのりの簡単おやき

こちらも簡単レシピです。味付きのおやきなので、小さなお子さんも好んで食べてくれるはず。材料はいろいろと変えて、試してみてもいいでしょう。 すりおろした長芋、ふのり、調味料全てを混ぜ合わせ、フライパンで両面焼き色がつくまで焼いて、火が通ればできあがりです。具材は、ひじき、納豆、紅生姜などお好みでアレンジしてもいいですよ。小さいサイズで作って、しっかり味付けをしておけば、お弁当のおかずにもぴったり。万能おかずですね。

ネバネバ冷やしうどん

うどんを茹でている間に、ふのりやわかめ、オクラなどトッピングする食材を用意しておきます。茹であがった麺を流水で洗って器に盛ったら、納豆とウズラ卵以外の食材を中央を避けて散らし盛ります。中央に納豆を乗せ、ウズラ卵を割り入れます。めんつゆをかけ、納豆の回りに刻みのりを散らしたら完成です。

お店で見かけたらぜひ試してみて

ふのりの効能は、体にとっていいことがわかりましたか?今まで手にとることのなかった人も、スーパーなどお店で見かけたらぜひ試してみてはどうでしょうか。くせもなく食べやすいので、いろいろな料理に活用できるのでおすすめです。

特集

FEATURE CONTENTS