おでん茶飯に、桜飯……。実は3種類もある「茶飯」のレシピ集

日本で昔から親しまれてきた「茶飯」ですが、実は3種類もあるってご存知でしたか?今回はそれぞれの茶飯の特徴と作り方をご紹介!どれもスーパーで手軽に購入できる食材を使ったものなので、ぜひご家庭でお試しあれ。茶飯でごはんの新たな魅力を楽しんで!

2019年6月5日 更新

奈良県の郷土料理「奈良茶飯」

奈良茶飯はその名のとおり、奈良発祥の郷土料理。ほうじ茶や煎茶を使って炊き込みご飯のように作る茶飯です。大豆や小豆などの豆類、焼いた栗、野菜などを加えて、醤油で味つけ、最後にお茶を入れる場合もあります。

その歴史はとても古く、江戸時代初期に書かれた「料理物語」に、茶を袋に入れ大豆などと煎じて炊いたことが記されています。

奈良茶飯の作り方

ほうじ茶を使って炊き上げた奈良茶飯のレシピです。香ばしさとコクが加わった味わいは、桜飯とはまた違った旨みを感じられますよ。

伝統的な豆類を加えたアレンジのほか、炊き込みご飯のようにこんにゃくやごぼう、きのこ類を加えてもおいしくいただけます。

静岡県の郷土料理「緑茶の茶飯」

緑茶の名産地として名高い静岡県では、茶飯の茶に緑茶を使います。静岡ではお茶の出がらしを味付けして、お茶請けやご飯のお供にすることだってしばしば。浜松市一帯の「桜飯」とは別に、正真正銘の緑茶飯が食べられているんです。

緑茶の茶飯の作り方

緑茶は濃いめに出しておくことで、より風味や色の濃い茶飯ができあがります。こちらは枝豆を加えて食感も豊かに仕上げたレシピ。炊いてるときから出る緑茶のいい香りがたまりません。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう