お酒の肴として

お酒の肴として食べられるのは、定番中の定番です。ホヤの塩辛をひと口食べて、お酒を口に入れれば、お酒が止まらなくなってしまいます。 ホヤの塩辛には、日本酒や焼酎が特に合うといわれ、お酒を飲む方には最高のおつまみになるようですね。

ごはんのおともとして

ホヤの塩辛は、もちろんごはんにも合います。おしんこ代わりとしても食べれますね。あつあつのごはんの上にのせて、一緒にいただきましょう。白米だけでなく、麦ごはんと合わせてもおいしいのでオススメですよ。

ホヤのかき揚げ

少し凝った料理をここで紹介します。ホヤの塩辛とシソの葉をかき揚げにしても、おいしくいただけます。材料はとてもシンプルでホヤの塩辛とシソの葉のみです。 ホヤの塩辛の水分をしっかりとキッチンペーパーなどで拭き取ります。シソの葉は、細かく刻んでおきましょう。水分を切ったホヤの塩辛とシソの葉に、天ぷら粉を混ぜ合わせ、天ぷら粉と水で作った衣につけます。それを180度に熱した油で色がつく程度に揚げれば完成です。 揚げすぎてしまうと、ホヤが固くなってしまうので要注意です。たったこれだけで、ホヤのかき揚げが完成。ホヤの独特の風味が苦手という方は、これを機に挑戦してみてはいかがでしょうか。

珍味をおいしく

ホヤの塩辛についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。見た目は貝やナマコに似て、少しグロテスクですが、食べず嫌いなんてもったいない!東日本大震災の被害をうけた後、再び漁師さんによって手間暇かけて養殖されたホヤはとても貴重と言えるでしょう。普段はあまり目にすることが少ないかもしれませんが、今はインターネットで何でも手に入ってしまう時代です。この「ホヤの塩辛」も例外ではありませんよ。あなたもぜひ、この珍味を食べてみてくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS