「はりはり鍋」ってどんな鍋?一度は試してみたい日本の伝統食文化

鰹だしのスープに豚肉と水菜をたっぷり加えた「はりはり鍋」ってご存知ですか?調べてみると、日本に脈々と続く食文化にたどり着きました。この記事では30分で作れる簡単レシピや、古き良きはりはり鍋を東京で味わえる店舗情報まで、はりはり鍋の奥深さに迫ります。

2020年3月31日 更新

ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

はりはり鍋ってどんな鍋?

Photo by macaroni

はりはり鍋は、豚の薄切り肉を加えた鰹だしに水菜をたっぷり加えた、関西発祥のお鍋。あっさりした鰹ベースの出汁に脂が溶け出し、深いコクが生まれます。じんわりとした豚肉の旨味と水菜のシャキシャキしたほろ苦さがあとひくおいしさです。

「はりはり鍋」の名前の由来

豚肉が主役のはりはり鍋ですが、なくてはならない名脇役が水菜。水菜のシャキシャキした食感や、見た目のみずみずしくハリのある様子を「ハリハリ」と表現し、はりはり鍋と言われるようになりました。はりはり鍋を作るときは、水菜のシャキシャキ感を損なわないよう煮過ぎないで食べるのがポイントです。

はりはり鍋と鯨食の歴史

はりはり鍋の主役は本来クジラのお肉。かつて安価で手に入りやすかった鯨肉は昭和の学校給食でもおなじみでした。歴史をさかのぼると縄文時代から続く下町の鯨食文化で、お肉のほか骨は装飾品、油は燃料として捨てるところがなかったとか。

「はりはり鍋」発祥の地

はりはり鍋の発祥は、捕鯨が盛んだった和歌山県の太地や、太地で捕れたクジラが持ち込まれた大阪、太地から移り住んだ人が捕鯨を始めた高知とも言われています。豚肉に置き換わってもなお、発祥の地ではクジラのはりはり鍋が食べられます。

クジラのはりはり鍋に使うお肉

主に使われるのはクジラの背びれ付近にある、「本皮」と呼ばれる皮目の部位。苦みのある水菜は、クジラ独特のクセを抑え、クジラからでる出汁ととても相性が良い食材として好まれていたようです。

はりはり鍋の作り方

Photo by macaroni

豚肉と水菜が主役とお話しましたが、もちろんお鍋なのでお好みの具材を加えてOK!野菜もたくさん食べられて、調理時間30分というのも嬉しいレシピですね。水菜は必ず煮込んだあとに加えて、“はりはり”感を楽しみましょう!
Photos:5枚
お鍋でグツグツ煮立った豚肉と水菜のはりはり鍋
クリーム色の鍋に入った豚肉と水菜のはりはり鍋
渋谷・元祖くじら屋の店内にかかったクジラ紋ののれん
丸皿に山盛りになった水菜とはりはり鍋の食材たち
元祖くじら屋店内のオープンカウンター席
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS