新潟の郷土料理「のっぺ」とは?名前の由来や各地の厳選レシピ3種も

みなさんは「のっぺ」という食べ物をご存知ですか?新潟の郷土料理で、野菜をたっぷり使った煮物なんです。こちらの記事では、ユニークな名前の意味や由来、のっぺい汁やけんちん汁との違いを詳しく解説。地域で異なるのっぺのレシピを3つ厳選してお届けします。

2019年3月20日 更新

地域で異なる家庭の味!のっぺのおすすめレシピ3選

1. 基本ののっぺ

根菜や鶏肉をメインに使ったのっぺの基本レシピです。野菜がたっぷり食べられて、やさしいお味に心もほっこりと和みますよ。あまり煮込みすぎず、澄んだおだしに里芋のとろっとした食感がそれぞれ楽しめるくらいに煮付けましょう。

2. クワイや銀杏ののっぺ

十日市など山側の地域では、山のものをふんだんに取り入れたレシピが見られます。こちらは、香り高い銀杏に芋のような食感のクワイを入れたひと品。球根からぴょこっと芽を出すクワイは、新しい芽吹きを連想させる縁起物としてのっぺに取り入れられてきました。

3. 鮭といくらののっぺ

長岡市など川沿いの地域や海側のご家庭では、海産物を取り入れたレシピもありますよ。こちらは、さけやいくらをのせた豪華なのっぺです。食べ応えもあって、食卓を華やかにしてくれるひと品。おだしには干し椎茸と乾物の貝柱を使って、より旨みたっぷりに仕上げています。

新潟郷土料理のっぺを作ってみよう!

のっぺは、新潟県においては小さいころからなじみのある料理。あっさりとしていますが、お正月などの際は、具材にいくらやさけを加えて豪華に作ることもでき、わたしたちの生活に寄り添うひと品のひとつです。あなたもぜひ、おいしい和風の味を口にしてみてくださいね。
▼こんな料理もご存知ですか?各地の郷土料理も要チェック!
Photos:5枚
白い器に盛り付けた拍子木切りののっぺ
鍋に入った根菜やうずらの卵やちくわぶののっぺ
灰色の器に入ったのっぺ
六角形の器に入ったクワイや銀杏ののっぺ
白い器に入ったのっぺ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS