ライター : kkk_ooo

食べることが好きな20代。甘いスイーツが大好きです。 趣味は映画鑑賞とお菓子作り!映画を見ながら甘いものを食べるのが至福の時間です。大好きなスイーツを中心にさまざまな食の情報…もっとみる

基本的なりんご飴の作り方

それでは、さっそくりんご飴の作り方をご紹介します。とっても簡単に、屋台で売られているような甘いりんご飴を作ることができますよ!ぜひ、家族みんなで作ってみてください。

用意するもの

・りんご ・砂糖 ・水 ・食紅 砂糖と水は4:1の割合で用意します。りんごの個数に合わせて量を調整してくださいね。 ・鍋 ・割りばし(りんご飴の持ち手)

作り方

1. 鍋に砂糖と水、少量の食紅を入れて煮詰め、カラメルを作ります。このとき、煮詰めすぎないように注意しましょう。 2. ちょうどいい固さになったら、割りばしを刺したりんごに絡ませます。 3. 2を割りばしが上になるように、お皿に置いて冷まします。カラメルがしっかりと固まれば完成です。

りんご飴に向いている品種

りんご飴を作るのに向いているのは、「姫りんご」という品種です。姫りんごは通常よりもサイズが小さく、その2~3cmほどしかありません。 一般的なスーパーではなかなか見かけることが少ないので、10〜11月の旬の時期に通販でお取り寄せするか「紅玉(こうぎょく)」という品種を選ぶのもおすすめですよ。姫りんごに比べるとサイズは大きいですが、酸味が強く甘い飴によく合います。

りんご飴を手作りするときのポイント

食紅を入れると鮮やかな赤色に

食紅を入れることで、屋台で売られているような真っ赤なりんご飴になります。食紅の有無で味は変わらないので、家に食紅がないという方は入れなくても問題ありません。 食紅以外にも、いちご味のかき氷シロップを入れて色をつける方法もあります。その際は、かき氷シロップと砂糖を1:2の割合で入れて煮詰めてください。あとの手順は食紅を入れるときと同じです。

特集

FEATURE CONTENTS