ライター : cestalavie

食べるの大好き、新しいこと面白いこと大好き、ついでにネコも大好きの好奇心のままに生きる女☆ヨガや耳つぼなど、心と体のつながりを探求中。どうぞよろしく!

あの方法は間違ってる!?りんごの皮むきポイント

あなたはりんごの皮をむくときどのようにしていますか?くるくるとりんごの丸みにそって切る方法とはじめにくし形にカットしてから切る方法があります。 くるくると切る方が女子力高そうに感じてしまいますが、今回ははじめにカットしてから皮をむく方法をおすすめしたいと思います。

くるくる切りをおすすめしない理由

まず、りんごの表面にそってくるくると皮を切っていくと、切る皮の巾を細くなるように気をつけないと曲面の分だけ食べる実の部分を大きくけずってしまうことになります。このようにぜいたくに皮を厚めにむくことから「大名むき」と呼ばれています。 また、片手でりんごを支えてむくことになるので、不安定になりがちです。よほど包丁に自信のある人ならよいのですが、そうでない人にはおすすめできません。

これが正解!りんごの皮むき方法

Photo by cestalavie

くるくると包丁で皮をむくのはかっこいいですが、慣れていないと、包丁をもちつ手がおぼつかないし、皮を厚めにむいてしまい、せっかくのりんごのおいしさを逃してしまいます。ここではりんごをあらかじめカットしてから皮をむく方法をご紹介します。

切り方

1. くし形にカット

Photo by cestalavie

りんごを縦半分にカットして、さらに半分、そのまた半分にカットして8分割のくし形になるように切っていきます。

2. 芯の部分をV字にカット

Photo by cestalavie

くし形の両側から、V字型に切り込みをいれて芯を取り除きます。

3. 皮をむいていく

Photo by cestalavie

1個ずつ皮をむいていきます。

特集

FEATURE CONTENTS