鮮やかな紫が食卓に映える。「紫キャベツ」を使ったレシピ10選

キャベツと言えば緑のキャベツが定番ですが、紫キャベツも食べてみませんか?きれいな色は食卓を明るくしてくれるだけでなく、緑のキャベツを上回る栄養を含んでいるのです。千切りにすればそれだけでもおいしくいただけますし、加熱するレシピも豊富ですよ。

2016年10月22日 更新

「紫キャベツ」を食卓に!

キャベツといえば食卓によく出てくる野菜のひとつですが、紫キャベツはどうでしょうか。使いたいけれどレシピがあまり思い浮かばない、という方も多いのでは?

紫キャベツの色は、アントシアニンというポリフェノールの成分の一種。抗酸化作用があり、アンチエイジングや眼精疲労にも効果があるとされています。ブル—ベリーに含まれているのと同じ成分ですね。また紫キャベツは、「キャベジン」の名で有名な胃を保護するビタミンUが、緑のキャベツより多く含まれている優れた野菜なのです。

鮮やかな紫は食卓を彩るアクセントになもり、どんどん取り入れたい野菜のひとつですね。
美容と健康のために、紫キャベツを使ったレシピをご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください。

1. ドイツ風紫キャベツのザワークラフト

材料

・細く切った紫キャベツ
・バター
・砂糖
・バルサミコ酢
・塩、胡椒

作り方

バターを鍋に入れ中火にかけ、スライスした紫キャベツを入れ、しんなりとするまで5分程炒めます。砂糖、バルサミコ酢を入れよく混ぜ、弱火にし、蓋をしてキャベツが柔らかくなるまで煮込みます。塩、胡椒で味を整えましょう。

ビールのおつまみにどうぞ!
1 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう