ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

「紫キャベツ」を食卓に!

キャベツといえば食卓によく出てくる野菜のひとつですが、紫キャベツは使いたいけれどレシピがあまり思い浮かばない、という方も多いのではないでしょうか?

紫キャベツの色は、アントシアニンというポリフェノールの成分の一種。ブルーベリーやなすなどに含まれる天然色素の一種で、抗酸化作用があるとされています。また紫キャベツは、緑のキャベツよりもビタミンCやカリウム、食物繊維が多く含まれる優れた野菜です。

鮮やかな紫は食卓を彩るアクセントにもなり、どんどん取り入れたい野菜のひとつですね。この記事では、紫キャベツを使ったレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。(※1,2)

1. 箸休めに。紫キャベツのマリネ

Photo by macaroni

さっぱりとおいしい紫キャベツのマリネ。はちみつのまろやかな甘味でやさしい味わいです。鮮やかな紫色が美しいので、お弁当に詰めたり肉料理の付け合わせに添えたりすると華やかになりますよ。ハムやチーズとパンに挟んでサンドイッチにしてもGOOD。

2. ワインに合う。紫キャベツとひよこ豆の和え物

蒸し鶏とひよこ豆、紫キャベツをにんにく入りの手作りアリオリで和えるひと品。キャベツのシャキシャキ感や、ひよこ豆のホクホク感など、いろいろな食感が楽しめます。濃厚なソースが絡んで、ワインによく合いますよ。パーティにもおすすめ。

3. おもてなしに。カラフル生春巻き

Photo by macaroni

カラフルできれいな生春巻きには、紫キャベツは最適。そのほかにも、エビやにんじん、きゅうり、オクラなどさまざまな色調の具材を一緒に巻き込めば、鮮やかなひと品ができあがりますよ。おもてなしで用意すれば、ワッと歓声があがるはずです♪

4. なめらか。紫キャベツのポタージュ

紫キャベツを使えば、美しい色合いのポタージュが作れます。紫色のスープなんてめずらしいですよね。作り方は、キャベツと玉ねぎをしっかり炒めてからミキサーにかけるだけ。とっても簡単でやさしい味わいですよ。ベーコンやじゃがいもを一緒に炒めてから作ると、さらに濃厚な味わいに仕上がります。

5. 色鮮やか。紫キャベツとベーコンの蒸し煮

紫キャベツは、酢を加えることで鮮やかな色に発色します。バターとベーコンで炒めてじっくり煮込めば、コクのある蒸し煮ができあがりますよ。ステーキやソーセージと一緒に食べたり、カレーに添えたりと、いろいろな楽しみ方ができるメニューです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ