ライター : TAMA39

土佐酢とはどんなもの?

Photo by TAMA39

土佐酢は三杯酢に比べて旨みと香りが加わり、まろやかな口当たりが特徴です。かつおぶしが名産の土佐からその名前が付けられました。かつおぶしの香りとだしが、淡白な白身魚や、きゅうりやわかめなどの和え物によく合います。酸味が苦手な方にもおすすめです。

土佐酢の特徴

  1. かつおぶしの旨みと香りで口当たりまろやか
  2. 酢のツンとした酸味が少ない
  3. 淡白な食材によく合う

覚えやすい配合で味が決まる!土佐酢の基本レシピ

Photo by TAMA39

調理時間 10
酢、みりん、薄口しょうゆを各大さじ2杯、かつおぶし2g使う土佐酢は覚えやすい黄金比の配分。たくさん作りたいときにも簡単に計算できますね。薄口しょうゆがない場合は家にあるしょうゆで代用できます。かつおぶしがないときは、顆粒だしを代用できます。60ccの水でふたつまみ程度がちょうど良いでしょう。

材料(110cc)

Photo by TAMA39

作り方

1.材料を火にかける

鍋に入った土佐酢の材料を火にかけているところ

Photo by TAMA39

酢、みりん、しょうゆを鍋に入れ中火にかけます。
鍋に入った土佐酢の材料にかつおぶしを入れたところ

Photo by TAMA39

沸騰したらかつおぶしを入れ、ひと煮立ちしたら火を止めます。

2.かつおぶしをこす

かつおぶしをザルでこしている様子

Photo by TAMA39

ザルにキッチンペーパーを敷き、かつおぶしをこします。

3.できあがり

器に入った土佐酢

Photo by TAMA39

かつおぶしは絞らず自然に水分が落ちるのを待ちます。そのまま冷ましてできあがり♪

酸っぱいものが苦手な方でも食べやすい!土佐酢の活用レシピ3選

1. おつまみに。きゅうりともやしの土佐酢和え

Photo by TAMA39

定番の酢の物を土佐酢を使いまろやかに。もやしをサッとゆで、千切りきゅうりとちくわを加え、土佐酢で和えます。冷蔵庫で30分ほどおいて味をなじませたら完成です。

ちくわの代わりにカニ風味かまぼこや鶏ささみ、ハムやツナ缶を加えてもよく合います。仕上げに大葉の千切りやかいわれ大根をのせてもきれいですよ。

2. さっぱりと。豚しゃぶの土佐酢和え

Photo by TAMA39

お好きな豚肉のスライスをゆでたら、冷水に入れて冷まします。水気を切った豚肉をボウルに入れ、塩こしょう、ごま油、土佐酢を適量入れ豚肉に絡めます。お好きな野菜の上に盛り付けて白いりごまをちらせば完成です。

濃い味が好きな方は、塩こしょうで味を調節してください。ボウルの中で味を絡ませたら、10分ほど置いてから盛り付けるとより味が染み込みますよ。白いりごまの香りが芳ばしいひと品です。

編集部のおすすめ