ライター : morico

地域情報雑誌、洋風居酒屋の店長を経験。現在はフリーライターとして活動中です*

簡単調理!包まない餃子(調理時間:15分)

Photo by morico

包まない餃子とは、その名の通り包む工程を省いて作る餃子です。餃子は包む工程があるため、時間に余裕があるときにしか作れない料理のイメージ。ですが、本レシピではその工程を省いているため、時短で手間をかけずジューシーな餃子を楽しめます。

材料(2人前)

Photo by morico

・豚ひき肉……200g
・キャベツ……1/8玉
・ニラ……1/3束
・万能ねぎ……1/3束
・餃子の皮……25~30枚
・にんにく……1かけ
・しょうが……1かけ
・醤油……大さじ1杯
・酒……大さじ1杯
・鶏がらスープの素……小さじ1/2杯
・塩こしょう……少々
・サラダ油……大さじ1杯
・ごま油……大さじ1杯

コツ・ポイント

餃子のタネはご自宅でいつも作っているレシピでもOKです。焼き方が普通の餃子と違うだけなので、むずかしく考えず挑戦してみてください。

下準備としてキャベツ・ニラ・万能ねぎは細かく刻んでおきましょう。にんにくとしょうがはすりおろしておきます。

作り方

1. 餃子のタネを作る

Photo by morico

まずは餃子のタネを作っていきます。あらかじめ細かく刻んでおいたキャベツ、ニラ、万能ねぎとひき肉を入れます。すりおろしたにんにく、しょうが、調味料の醤油、酒、鶏がらスープの素も入れます。全部入れたら、手でしっかりと混ぜ合わせてください。2~3分ほど混ぜると全体に粘り気が出て、均等に混ざります。

2. フライパンに餃子の皮を並べる

Photo by morico

火をつけていないフライパンにサラダ油をしき、餃子の皮を並べていきます。サラダ油を皮の底面でスッと伸ばしながら並べましょう。フライパンのサイズによって、皮の枚数は調整してください。写真ではフライパンに沿って並べていますが、真ん中に皮をのせてもよいです。

3. 皮の上に餃子のタネをのせる

Photo by morico

餃子の皮の上にタネを並べていきます。皮の真ん中に置くよう意識しましょう。タネをまるく置きましたが、食べるときのことを考えて、タネの間に少しすき間を作ってもよいです。

編集部のおすすめ