ハーブの香りがクセになる!イタリアンパセリを使ったおすすめレシピ8選

意外と知らない「イタリアンパセリ」の特徴や、おすすめのサラダやパスタレシピをご紹介します!爽やかなハーブの香りのイタリアンパセリは、どのような料理とも相性抜群。いろいろな料理に活用して、イタリアンパセリを楽しみましょう♪

2017年11月28日 更新

イタリアンパセリとは?

イタリアンパセリはセリ科の植物で、普通のパセリのように葉が縮れておらず、見た目はパクチーに似ています。その香りの高さから、ハーブの一種として広く料理に用いられます。

欧米ではサラダやドレッシングなど生では勿論、煮込み料理やオーブン料理にも幅広く使われています。特にイタリアでは「プレッツェモーロ」と呼ばれ親しまれています。栄養価が非常に高く、積極的にとり入れたい優れた野菜です。

イタリアンパセリの特徴

普通のパセリは独特の味と香りがあり、どちらかと言えば食べるより料理の添え物として使われているのに対し、イタリアンパセリは香りも味もクセが少なく食べやすいのが特徴です。クセは少ないとは言え、香りは高いのでハーブとしての存在感がしっかりとした野菜です。

イタリアンパセリは春から秋にかけて収穫されますが、近年ではハウス栽培のものも多くなってきています。イタリアンパセリの旬は、3月から5月にかけてと、9月から11月頃になり、その頃出回るものが柔らかくておいしいと言われています。

pinit

pinterest like count 161

イタリアンパセリを使ったサラダレシピ4選

1. イタリアンパセリとちぎりレタスのサラダ

シャキシャキとした食感のちぎりレタスと、歯ごたえのあるブロッコリーをイタリアンパセリとあえたサラダのレシピです。イタリアンパセリのさわやかな香りが口いっぱいに広がります。

ドレッシングはオリーブオイルやワインビネガーを混ぜるだけで簡単に作れるので、食べたいときにすぐできあがる時短メニューです!作るときに野菜の水気をしっかりと拭き取るのがポイントですよ。

2. イタリアンパセリとにんじんのハニーレモンサラダ

はちみつとレモンの甘酸っぱい味付けがクセになる、イタリアンパセリとにんじんのサラダ。にんじんの甘みとイタリアンパセリの風味がアクセントになっています。

にんじんは薄くスライスしておくことで、味が染みやすくなります。あとひと品欲しいというときにおすすめの簡単なレシピです。作り置きをしておくと、さらに味がなじんでおいしくいただけますよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう