ライター : mau_naka

調理師 / 漢方コーディネーター / 発酵食品マイスター

フードスペシャリスト・ふぐ取扱登録者・薬膳調整師・発酵食健康アドバイザー。男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及は止みません。なかなか好きなものを食べに出かけら…もっとみる

イタリアンパセリとは?

イタリアンパセリはセリ科の植物で、普通のパセリのように葉が縮れておらず、見た目はパクチーに似ています。その香りの高さから、ハーブの一種として広く料理に用いられることが多い食材です。

欧米では、サラダやドレッシングなど生ではもちろん、煮込み料理やオーブン料理にも幅広く使われています。特にイタリアでは「プレッツェモーロ」と呼ばれ親しまれているんですよ。

イタリアンパセリの特徴

普通のパセリは独特の味と香りがあり、どちらかと言えば食べるより料理の添え物として使われているのに対し、イタリアンパセリは香りも味もクセが少なく食べやすいのが特徴です。クセが少ないとは言え、香りは高いので、ハーブとしての存在感がしっかりとした野菜。

イタリアンパセリは春から秋にかけて収穫されますが、近年ではハウス栽培のものも多くなってきています。イタリアンパセリの旬は、3月から5月にかけてと、9月から11月頃で、そのあたりに出回るものがやわらかくておいしいと言われています。

イタリアンパセリを大量消費できるレシピ5選

1. いろいろ使える。イタリアンパセリのペースト

イタリアンパセリの香りと旨味を凝縮したペーストは、大量消費にもってこいです。スパゲッティソースに使ったり、ディップソースにアレンジしたり、魚のソテーにのせたりするなど、いろいろ使えます。傷みにくく保存しやすいのもうれしいポイントです。

2. さっと炒めるだけ。ベーコン卵炒め

トーストにも、ごはんにも、お酒にも合う炒め物のレシピ。フライパンでさっと炒めるだけで作れるので、とても簡単ですよ。味付けもとてもシンプル。イタリアンパセリは炒めるとカサが減るので、大量消費にもってこいです。

3. 香りがぜいたく。イタリアンパセリの炒めナムル

イタリアンパセリの香りを楽しめる、ナムルはいかがでしょうか。炒めることでより香りが立ちますよ。輪切り唐辛子を加えて、ピリ辛に仕上げるのもおすすめ。献立の副菜はもちろん、ビールにもよく合うひと皿です。

4. 長期保存に。イタリアンパセリの乾燥保存

料理にして消費するのもいいですが、たくさんあるときは乾燥保存も便利ですよ。乾燥は電子レンジでできるので簡単。乾燥することで長期保存が効くうえ、さらっとしていて使いやすいことがポイントです。料理やスープのトッピングに重宝します。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ