手羽元に含まれる栄養

コラーゲン

コラーゲンは、手羽元をはじめ鶏皮やゼラチン、ふかひれ、牛すじに多く含まれています。コラーゲンは主に、皮膚や軟骨などを構成しているたんぱく質のひとつ。また、骨はカルシウムをはじめとするミネラル類とコラーゲンが約50%ずつ存在しており、コラーゲンは骨の強度を高める重要な成分ですよ。(※10,11)

ナイアシン

手羽元100gあたりには、ナイアシンが6.9mg含まれています。

ナイアシンは、ビタミンB群の一種。主に、糖質・たんぱく質・脂質・エネルギーの代謝に関わっています。ほかにも、ホルモンやDNAの合成、細胞分化などたくさんの反応をサポートする役割がありますよ。ナイアシンは水に溶けやすい性質をもつため、工夫して調理しましょう。スープにすれば無駄なく栄養素を摂取できるのでおすすめですよ。(※1,12)

ビタミンK

手羽元100gあたりには、ビタミンKが39μg含まれています。

ビタミンKの代表的なはたらきは血液凝固。ケガをしたときに、血が固まって出血が抑えられるのは、ビタミンKの作用があるためです。また、骨の形成にも関与しており、カルシウムを骨に沈着させてくれます。ビタミンKは脂溶性なので、油脂を組み合わせて摂取すると吸収率があがりますよ。(※1,13)

ダイエット中に手羽元を食べるときのポイント

鶏肉のなかでは、若干カロリーが高めな手羽元。唐揚げにするとカロリーがグッと上がるので、驚いたという方も多いのではないでしょうか。ここでは、手羽元をダイエット中に食べる際の注意点をご紹介します。

皮は取り除く

鶏皮には脂質が多く含まれています。ダイエット中はなるべく手羽元の皮を取り除いて調理しましょう。普段、あまり気にすることのない手羽元の皮ですが、これから意識してみてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ