連載

採れたて新鮮「皮付きヤングコーン」の食べ方。甘さを引き出すならコレ!

通常は缶詰やパックで店頭に並ぶヤングコーンですが、5〜7月頃は皮付きのまま生でも販売されます。採れたて新鮮、旬の時期ならではのおすすめの食べ方、下処理から皮の中身の様子まで画像で解説!ヤングコーンの魅力をたっぷりご紹介します。

ヤングコーンとは

ヤングコーンはスーパーで缶詰やパックにして売られており、手軽に利用できる点や、独特の味と食感を好んで購入される方も多いと思います。サラダに入っていると、食感が良いアクセントとなって、様々なドレッシングとも相性が良い野菜ですよね。

そもそもヤングコーンとはどんな野菜なのか?成り立ちや起源、また下処理からおすすめの食べ方まで、ヤングコーンの魅力に迫ります。

ヤングコーンの歴史

ヤングコーンはその見た目からも想像つく通り、とうもろこし(スイートコーン)の実が大きくなる前に収穫される野菜です。

株の先端にできた雄穂(ゆうずい)の花粉から受粉した雌穂(しずい)がとうもろこしとして成長します。雌穂が3本以上できると、先の2本をしっかり太らせるため小さなうちに摘み取られ、ヤングコーン、ベビーコーンとして出回ります。

とうもろこし(スイートコーン)の起源

とうもろこしの原産地はメキシコ、グアテマラ等の中南米付近だと言われており、その誕生には諸説あるそうです。なかには絶滅した野生種などから交配して作られた説など様々あり、いずれにしても、野生では育つことのない野菜のようです。

そして、メキシコ西部のバルサ流域で8700年前(紀元前6700年頃)、とうもろこしが人間の手により栽培されていることが分かり、その後アメリカ大陸へと伝わりました。日本へも飼料用としてたくさん輸入されているのは、ご存知の方も多いでしょう。

とうもろこしは、非常に歴史の長い野菜です。

ヤングコーンの旬の時期と主な生産地

ヤングコーンはタイなどの輸入品が多いですが、旬の時期は国産が出回り、とうもろこしが収穫される前の5月〜7月頃にスーパーに並びます。この時期は、皮付きのまま出回ります。そうすることにより、新鮮なまま出荷できるんですよ。

主な生産地は北海道で、国内生産量の約半分を占めます。次に千葉、茨城、群馬と続きます。

鮮度の見分け方、保存方法

皮付きのまま販売されている場合は、ぜひ皮付きのまま購入しましょう!実が取り出された状態より、皮付きの方が鮮度は保たれます。またひげが茶色くなっていないもの、皮がピンと張ったものが新鮮です。

下処理の方法

皮を頭の方からゆっくり剥がしていきます。実は割れやすいため、一枚一枚優しく剥いていきましょう。
ある程度の薄さになったら、包丁を縦にして軽く切れ目を入れると、実が取り出しやすくなります。

中身の様子

皮の中身の半分は、ひげです。
繊細でなめらかなひげがたっぷり入っています。ひげの数は実(粒)の数と一致すると言われています。

特集

SPECIAL CONTENTS