ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

生のままでもOK?ヤングコーンはどうやって食べる?

Photo by 大河内美弥

ヤングコーンとは、スイートコーンを若採りしたもので、ベビーコーンとも呼ばれます。缶詰やパックで販売されますが、5〜6月の旬の時期には生のものが販売されますよ。皮付きのほうが日持ちするため、最近では、皮付きのまま販売されるものが多く見られますよね。

新鮮なヤングコーンであれば、生でも食べられます。採れたてはみずみずしくシャキシャキとよい食感ですよ。生食は、食べられる期間が短いため、基本的には下ゆでしたり焼いたりして下処理をおこなうのがおすすめ。中のひげややわらかい皮も甘くておいしく食べられますよ。

ひげまでおいしく!ヤングコーンの食べ方

Photo by 大河内美弥

皮のむき方

ヤングコーンの皮は、外側の厚い皮を頭のほうからゆっくりと剥がします。薄皮だけになったら、中身を傷付けないように包丁で薄く切れ目を入れましょう。切れ目に親指を入れて、薄皮とひげを左右に広げるようにして実から外し、取り出してください。中の実は割れやすいため、やさしく扱うのがポイント。軸の部分はカットしてくださいね。

下ゆでの方法

ヤングコーンは、皮付きのままでもむいた状態でもゆでることができます。皮付きのままなら、沸騰したお湯に塩を入れ(水1Lに塩大さじ1杯)5分ほどゆでましょう。ザルにあげ、そのまま冷まします。

皮をむいたヤングコーンは、沸騰したお湯に塩を入れ(水1Lに塩小さじ1杯)3分ほどゆでてください。ザルにあげ、そのまま冷まします。皮付きのままであれば、ヤングコーンの香り旨味を閉じ込めることができますよ。

おすすめの食べ方:グリルで10分

ヤングコーンを皮付きのままグリルで焼く食べ方は、香りと甘味を存分に楽しめておすすめ。薄皮をつけたまま焼くことで、ひげや実が蒸し焼きのようになり、より甘味を引き出すことができます。

焼き方は、外の厚い皮を2〜3枚はがしてグリルに入れ、10分ほど加熱してください。炭火で焼くと、より香ばしく、しっとり仕上がりますよ。焼き上がったら、皮をむいてひげと共にいただきましょう。バターやしょうゆ、マヨネーズなどを付けると絶品です。

ヤングコーンの鮮度を見分ける方法や保存方法

Photo by 大河内美弥

この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ