ローディング中

Loading...

赤、黄色、オレンジと、カラフルなビジュアルが目を引くスイスチャード。まだ日本ではあまり見かけませんが、その見た目だけでなく味や栄養面にもいろいろな魅力をもった野菜なんですよ。今回はスイスチャードの食べ方やレシピ、栽培方法までご紹介します。

スイスチャードってどんな野菜?

ご存じですか?スイスチャード。カラフルな見た目が印象的なので、見たことがあるという人は多いのでは。

アカザ科フダンソウ属に含まれる葉野菜で、日本名はふだん草といいます。「ふだん」は「いつも」という意味の「普段」ではなく「不断」。暑さ寒さに強く、一年中栽培できるところからそう名付けられたのでしょう。

ちなみに、原産地はスイスではなく地中海沿岸です。

ビーツやほうれん草に似てる?

上の画像を見て、野菜に詳しい人は、「ビーツに似ている」なんて思ったかもしれませんね。そう、スイスチャードとビーツは似通ったところがとても多い野菜です。

根っこの部分がカブのように膨らむのがビーツ。根っこが太らず主に葉を食べる野菜がスイスチャードと覚えておけばほぼ正解。

実際、葉の形はそっくりだし、赤や黄色に染まっている点も同じ。また、ほうれん草も同じアカザ科。色はともかく葉の形などはこちらもよく似ていますよね。

観葉植物になるほどの美しさ

赤、黄色、桃色のほか、黄緑や白のスイスチャードもあり、並べるととてもきれいです。食用以外に観葉植物としても栽培されているんですよ。

アメリカやヨーロッパではサラダに使われることが多く、幼葉はベビーリーフとしてもよく用いられています。

スイスチャードは栄養満点!

華やかな色合いは、スイスチャードに栄養がたっぷり含まれている証でもあります。

その色味はポリフェノールの一種であるベタライン色素によるもの。ベタライン色素は赤紫色の元となるベタシアニンと黄色の元となるベタキサンチンの総称で、この色素のバランスによってスイスチャードの発色は変化します。

また、カルシウムやマグネシウム、鉄分など、ミネラルも豊富。特にカリウムの含有量が多いといいます。さらにβ-カロテンやビタミンEもたっぷり。総合的に見て、栄養価の高い食品といえるでしょう。

スイスチャードの食べ方とポイント

スイスチャードは生でも食べられますし、煮物やおひたし、炒め物、天ぷら、ソテーにも向いています。ただ、外葉はちょっと固いので、加熱するときはこの部分を避けてください。どのような調理をするにしても、せっかくスイスチャードを食べるならカラフルな色味を生かしたほうがいいでしょう。

生で食べるときは

スイスチャードのやわらかな葉はサラダにぴったり。色の組み合わせを考えながら、彩りの良い一品としましょう。

また、ミキシングしてスムージーにするのもおすすめ。ほうれん草を使ったものとよく似た風味に仕上がります。

おひたしで食べるなら

おひたしにする場合は、固い柄の部分と葉を切りわけ、別々にして茹でるといいそうです。軽く塩を加えて沸騰させたお湯の中で、1分程度、しゃぶしゃぶの要領でお湯にくぐらせてください。

ポン酢をかけてかつお節をふりかけてもおいしいし、ゴマ和えやナムルにするのもおすすめです。

炒め物・煮物にする場合は

β-カロテンは油と一緒に食べるとスムーズに体へ吸収されます。適当に食べやすい大きさにななめに切ると食べやすいとか。豚や鶏、サッと揚げた白身魚とも相性が良いようですよ。

煮物にするときは、柄がくたっとなるまでしっかり似てください。葉でひき肉などをロールキャベツのように包んでもおいしいそうです。

おいしいスイスチャードの選び方

スイスチャードの持ち味は彩りです。柄の部分と葉脈の発色が美しいものを選びましょう。加えて、葉の色が濃い緑色で、生き生きとしているものがベストです。

もうひとつ、柄の部分が長く伸びすぎているものは固すぎることがあるので、柄が長すぎず、葉が元気なものを選んでください。

スイスチャードの保存方法

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ふっくら作る!基本のいなり寿司レシピ&簡単アレンジ10選

いなり寿司 レシピ

お弁当や行楽時に人気のいなり寿司。みなさんのいなり寿司レシピはどんなものですか?お揚げも酢飯もふっくらおいしく作る基本のレシピと材料を1つ加えるだけでおいしくなる簡単なアレンジいなりをご紹介!お祝い事やホムパ…

秋の食卓に新星!熟し方で変わる「柿のサラダ」レシピ10選

サラダ フルーツ レシピ まとめ

秋といえば柿!こっくりとした甘みが特徴です。そのまま切って食べてもおいしいですが、実は料理にもとても重宝する果物なのです。まずは手始めにサラダから。この秋はおやつやデザートだけではなく、ぜひ酒の肴や副菜にも活…

基本をマスター!ポークビーンズの実践レシピ&時短テク

レシピ

大豆を使った定番トマト料理、ポークビーンズ。豚肉入りのポークビーンズは、トマトの甘みと酸味、大豆のホクホク感がおいしいレシピ。給食で食べた印象がある人も多いようですね。ポークビーンズの上手な作り方をご紹介。バ…

スイートポテトの基本レシピをプロが伝授!レンジ&トースターでも本格味♩

スイートポテト さつまいも スイーツ おやつ レシピ

さつまいもの人気スイーツ「スイートポテト」を、レンジとトースターを使って簡単に作ってみませんか?生クリームを使った基本のレシピやプロの味に近づけるコツ、いろんなアレンジをご紹介します。まったりと甘く口当たり滑…

どの味がお好き?「ごまドレッシング」のレシピ、基本からアレンジまで!

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

マイナス30℃!寒すぎるロシアの暖まる料理4選

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

鍋のアク取りは本当に必要?覚えておきたいアク取りのコツまとめ

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

食通にこそ見てほしい!フードドキュメンタリー映画3選!

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

覚えておこう!美肌に効果的な食べ物まとめ

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

脂肪を撃退!「ブラックコーヒーダイエット」で本気のスリム美人

コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸が、おじゃまな脂肪を燃やしてくれる「ブラックコーヒーダイエット」。しかも、飲むだけで減量できるという超楽チンなダイエット方法なんですよ。正しいやり方や飲むタイミング、…

「レインボースペクトラム」のキッチングッズで毎日をハッピーに過ごそう!

原宿 まとめ

カラフルでポップなデザインのアイテムが人気のレインボースペクトラム。ほっこりとするユーモアと使いやすいアイデアが盛り込まれたキッチングッズが人気です。毎日の暮らしをハッピーにするレインボースペクトラムの人気商…

夏にぴったりなアボカドそうめん!基本のレシピとアレンジを紹介

そうめん アレンジレシピ まとめ

「食べる美容液」とも呼ばれるアボカド。夏の定番料理そうめんと一緒にアレンジした「アボカドそうめん」がおいしいと、SNSでも評判です。基本的な作り方とアレンジレシピ、さらにほかの食材を使ったそうめんのアレンジレ…

ページTOPに戻る