食卓が華やかに!カラフル野菜「スイスチャード」のレシピや栽培法を徹底解説!

赤、黄色、オレンジと、カラフルなビジュアルが目を引くスイスチャード。まだ日本ではあまり見かけませんが、その見た目だけでなく味や栄養面にもいろいろな魅力をもった野菜なんですよ。今回はスイスチャードの食べ方やレシピ、栽培方法までご紹介します。

スイスチャードってどんな野菜?

ご存じですか?スイスチャード。カラフルな見た目が印象的なので、見たことがあるという人は多いのでは。

アカザ科フダンソウ属に含まれる葉野菜で、日本名はふだん草といいます。「ふだん」は「いつも」という意味の「普段」ではなく「不断」。暑さ寒さに強く、一年中栽培できるところからそう名付けられたのでしょう。

ちなみに、原産地はスイスではなく地中海沿岸です。

ビーツやほうれん草に似てる?

上の画像を見て、野菜に詳しい人は、「ビーツに似ている」なんて思ったかもしれませんね。そう、スイスチャードとビーツは似通ったところがとても多い野菜です。

根っこの部分がカブのように膨らむのがビーツ。根っこが太らず主に葉を食べる野菜がスイスチャードと覚えておけばほぼ正解。

実際、葉の形はそっくりだし、赤や黄色に染まっている点も同じ。また、ほうれん草も同じアカザ科。色はともかく葉の形などはこちらもよく似ていますよね。

観葉植物になるほどの美しさ

赤、黄色、桃色のほか、黄緑や白のスイスチャードもあり、並べるととてもきれいです。食用以外に観葉植物としても栽培されているんですよ。

アメリカやヨーロッパではサラダに使われることが多く、幼葉はベビーリーフとしてもよく用いられています。

スイスチャードは栄養満点!

華やかな色合いは、スイスチャードに栄養がたっぷり含まれている証でもあります。

その色味はポリフェノールの一種であるベタライン色素によるもの。ベタライン色素は赤紫色の元となるベタシアニンと黄色の元となるベタキサンチンの総称で、この色素のバランスによってスイスチャードの発色は変化します。

また、カルシウムやマグネシウム、鉄分など、ミネラルも豊富。特にカリウムの含有量が多いといいます。さらにβ-カロテンやビタミンEもたっぷり。総合的に見て、栄養価の高い食品といえるでしょう。

スイスチャードの食べ方とポイント

スイスチャードは生でも食べられますし、煮物やおひたし、炒め物、天ぷら、ソテーにも向いています。ただ、外葉はちょっと固いので、加熱するときはこの部分を避けてください。どのような調理をするにしても、せっかくスイスチャードを食べるならカラフルな色味を生かしたほうがいいでしょう。

生で食べるときは

スイスチャードのやわらかな葉はサラダにぴったり。色の組み合わせを考えながら、彩りの良い一品としましょう。

また、ミキシングしてスムージーにするのもおすすめ。ほうれん草を使ったものとよく似た風味に仕上がります。

おひたしで食べるなら

おひたしにする場合は、固い柄の部分と葉を切りわけ、別々にして茹でるといいそうです。軽く塩を加えて沸騰させたお湯の中で、1分程度、しゃぶしゃぶの要領でお湯にくぐらせてください。

ポン酢をかけてかつお節をふりかけてもおいしいし、ゴマ和えやナムルにするのもおすすめです。

炒め物・煮物にする場合は

β-カロテンは油と一緒に食べるとスムーズに体へ吸収されます。適当に食べやすい大きさにななめに切ると食べやすいとか。豚や鶏、サッと揚げた白身魚とも相性が良いようですよ。

煮物にするときは、柄がくたっとなるまでしっかり似てください。葉でひき肉などをロールキャベツのように包んでもおいしいそうです。

おいしいスイスチャードの選び方

スイスチャードの持ち味は彩りです。柄の部分と葉脈の発色が美しいものを選びましょう。加えて、葉の色が濃い緑色で、生き生きとしているものがベストです。

もうひとつ、柄の部分が長く伸びすぎているものは固すぎることがあるので、柄が長すぎず、葉が元気なものを選んでください。

スイスチャードの保存方法

特集

SPECIAL CONTENTS