輸入レモンで作る場合の注意点

輸入レモン(防カビ剤がレモンの表面についている場合)を使用するときは、たわしで皮をゴシゴシこすって表面に着いた汚れや薬剤を落としましょう。さらに気になる方は、50度の湯に5〜10分ほど漬けてくださいね。

それでも気になる方は、レモンの皮を剥いて同じ要領で作りましょう。口に入れるものなので、安全第一です。

保存方法や保存期間

冷蔵庫で保管し、3〜4週間以内に使い切りましょう。一日1回は瓶を揺するようにし、レモンの皮が黒ずんできたら取り除いてください。

また、調理工程の手順にも記載しましたが、レモン酢を作るときは瓶を必ず煮沸消毒しましょう。瓶にどれだけ雑菌が潜んでいるかわからないため、必ずおこなってください。

レモン酢の効果的な飲み方

基本の飲み方

原液では酢の刺激が強いため、そのまま摂取するのは避けましょう。水や湯、牛乳などで5倍以上に割って飲んでください。(※7)

摂取量の目安

レモン酢の摂取量は一日あたり10~30ccを目安にしましょう。毎食時に摂るのであれば、1回あたり小さじ2杯程度です。

飲むタイミング

酢は胃腸への刺激が強い食品のため、空腹時に摂取すると胃を傷める原因に。食事と一緒に摂取したり、食後に飲むように心がけましょう。また、胃腸が弱っているときや、口内や喉に傷・炎症がある場合、症状を悪化させるおそれがあるので摂取は控えてください。(※7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS