疲労回復効果

運動したあとなど、「体に疲れが溜まっているな」と感じるときがありますよね。それは、疲労物質のひとつである乳酸が体内に溜まっているため。レモンや酢の酸味成分であるクエン酸には、乳酸を分解する働きがあります。すみやかな疲労物質の除去が見込めますよ。(※4)

抗酸化作用

レモンに含まれる「ビタミンC」には抗酸化作用があり、活性酸素のはたらきを抑えてくれます。活性酸素は細胞の老化や、免疫機能の低下を引き起こす原因になります。美容と健康の両面で、ビタミンCの抗酸化作用が重要だといえます。(※5)

血圧の低下

酢に期待できる作用のひとつとして、血圧低下が挙げられます。実験により、毎日酢を摂ることで高めの血圧が低下したことが証明されていますよ。血圧が気になっている方は、いつもの食生活に酢をプラスしてみましょう。(※6)

レモン酢の作り方

材料(作りやすい分量)

・国産レモン……2個
・酢……400cc
・はちみつ……50g

※レモンは皮も使用するので、ワックスが使われていない国産のものを選びましょう。酢の種類は、お好みで構いません。

作り方

1. 密閉できる保存瓶を用意し、煮沸消毒をおこないます。

2. レモンの表面をしっかりと洗って水気を拭いたら、5mm幅にスライスします。輪切りのままでもOKですが、いちょう切りにすると料理に使いやすいですよ。

3. 消毒が済んだ瓶に材料をレモンと酢、はちみつを加え混ぜます。

4. 蓋を閉めて密閉し、一日以上漬け込んだら完成です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS