ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

アレンジいろいろ!自家製鮭フレークの作り方

Photo by Raico

調理時間:25分
保存期間:冷蔵で1週間、冷凍で1ヶ月

ごはんのお供でおなじみの鮭フレークは、シンプルな材料で簡単に作れます。鮭をゆでてから作ると、身がふっくら&しっとり。パサつかずに仕上がりますよ。基本のレシピのため、味付けを少し変えたりほかの食材をプラスしたりと、アレンジしてもGood。

材料(作りやすい分量)

Photo by Raico

・塩鮭……3切れ(約300g)
・酒……大さじ1と1/2杯
・みりん……大さじ1と1/2杯
・しょうゆ……大さじ1/2杯

作り方

1. 鮭をゆでる

Photo by Raico

鍋またはフライパンに鮭を並べ、鮭が浸るくらいの水を入れます。蓋をして中火で4分ほどゆで、バットに取り出します。中まで火が通っていないようなら、入れたまま少し置いて余熱で熱を通してから取り出します。

2. 骨と皮を取り除き、身をほぐす

Photo by Raico

粗熱が取れたら、キッチンペーパーで軽く水分をふき取ります。皮と骨を取り除き、箸で身を粗くほぐします。

3. 2をフライパンで炒める

Photo by Raico

テフロン加工のフライパンに2を入れて中火で炒め、水分を飛ばします。テフロン加工されていないフライパンを使う場合は、薄く油を引いてから炒めます。

Photo by Raico

酒とみりんを加えて混ぜ、弱火にしてしょうゆを加えたら火を止めます。味見をして、塩分が足らないようなら塩を加えます。粗熱が取れたらできあがりです。保存容器に移し、冷蔵庫で1週間ほど、冷凍庫で1ヶ月ほど保存できます。

コツ・ポイント

使用する鮭は、塩鮭でも生鮭でもどちらでもOK。生鮭を使う場合は、塩をふって5分ほど置き、なじませてから使用してください。また、鮭は焼いてもよいですが、ゆでることで身がパサつかずふっくらと仕上がりますよ。

シンプルな調味料のみで味付けをするため、お好みでアレンジが可能。ごま油で炒めたり、白いりごまや長ねぎを加えたりするのもおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ